当院について|社会医療法人 峰和会鈴鹿回生病院・鈴鹿回生病院附属クリニック

MENU
鈴鹿回生病院

当院について

当院について

理念

生命への奉仕

方針

  • 地域の基幹病院として医療と健康の増進に貢献します
  • 個人の尊厳を守ります
  • チーム医療を推進し安全で高度な医療を提供します
  • 将来を担う有能な医療従事者の育成に努めます
  • 地域と連携し災害時救援活動を行います
  • 働きやすく健全な病院運営に努めます

病院長・附属クリニック院長挨拶

病院長挨拶 病院長挨拶

鈴鹿回生病院のホームページをご覧頂きありがとうございます。
当院は鈴鹿・亀山地域の急性期医療を行っている基幹病院です。二次輪番病院、がん診療連携推進病院、災害医療支援病院、地域医療支援病院などの役割を担っており、病床数379床の内訳は看護基準7対1の「急性期病棟」323床と回復期機能を持つ「地域包括ケア病棟」56床で、日々地域医療に貢献しております。
地域医療を担う病院と申しましても、専門性の高い医療も提供できるよう体制の充実を図っております。お店でいうなら、何でもそろうデパート形式ではなく、特色ある専門店が集まった専門店街をめざしているといったところです。
また、チーム医療というスローガンを掲げさせていただいております。したがって、私たち職員は自分自身の分野に特化するだけでなく、チームの一員としてお互いに密に連携するように努めてまいります。さらにチーム医療ということでは、近隣の医療機関との連携を強化して、地域に密着し、救急医療から専門的医療まで安全で良質な医療を提供させて頂けるよう取り組んでまいります。
鈴鹿回生病院はこれからも皆様に必要とされる病院であり続けるために努力してまいります。皆様のご理解、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

付属クリニック院長挨拶 付属クリニック院長挨拶

鈴鹿回生病院では、病院の機能と外来部門であるクリニックの機能は異なると考えていますので、建物を別にして、その機能を分離しています。クリニックの役割は外来に特化して特に専門的な治療を行うことです。当付属クリニックでは高度な専門外来を中心に、多彩な診療科を設置し、幅広い世代のあらゆる医療ニーズに対応できる体制を整えています。また、「こころ温かい患者さん中心の医療」を念頭に、職員一同力を結集して参りたいと思います。どんな場合でも受診してよかったと思っていただける医療の提供に努め、日々研鑽して参ります。

病院概要

概要について
病院名

鈴鹿回生病院

所在地

三重県鈴鹿市国府町112番地1
TEL059-375-1212

開設年月日 昭和54年4月1日
新築移転開院日 平成13年1月8日
経営主体 社会医療法人 峰和会
理事長 田中 公
病院長 加藤 公
事務長 西村清之
看護部長 横田和美
建物

敷地面積/58,628㎡(病院・附属クリニック)
建築延面積/18,575㎡ 

構造規模 病院/鉄骨造 6階建 1棟
電気・機械設備 非常用自家発電設備
井戸水設備など
宿舎 看護師宿舎  「白子寮」(ワンルームマンション)30室
医師住宅 
診療科目 内科/外科/整形外科/産婦人科/脳神経外科/心臓血管外科/呼吸器外科/泌尿器科/放射線科/リハビリテーション科/麻酔科/小児科/耳鼻咽喉科/循環器内科/神経内科/腎臓内科/血液内科/消化器内科/消化器外科
病床数 379床(一般病床323床 地域包括ケア病棟56床)
職員数

588名(令和3年3月1日現在、常勤者)
医師/63名
看護師・准看護師/294名
保健師/2名
薬剤師/23名
臨床検査技師/23名
診療放射線技師/23名
理学療法士/20名
作業療法士/12名
言語聴覚士/2名
健康運動指導士/2名
臨床工学技士/8名
管理栄養士/4名
GRM/2名
社会福祉士/7名
介護支援専門員/1名
看護補助者/25名
社会保険労務士/1名
事務員/75名
施設管理員/2名

概要について
各種指定

保険医療機関 労災保険指定医療機関 救急指定病院 生活保護法指定医療機関 母子保健法指定医療機関 身体障害者福祉法医療機関 更正医療指定病院 養育医療指定病院 原子爆弾被爆者一般疾病取扱病院 結核予防法指定病院

基本診療料
基本診療料

一般病棟入院基本料 急性期一般入院料1
臨床研修病院入院診療加算
救急医療管理加算
超急性期脳卒中加算
診療録管理体制加算1
医師事務作業補助体制加算2
急性期看護補助体制加算
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
無菌治療室管理加算1
栄養サポートチーム加算
医療安全対策加算1
医療安全対策地域連携加算
感染防止対策加算1
感染防止対策地域連携加算
抗菌薬適正使用支援加算
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
後発医薬品使用体制加算1
病棟薬剤業務実施加算1
データ提出加算
入退院支援加算2
脳卒中ケアユニット入院医療管理料
地域包括ケア病棟入院料2

特掲診療料
特掲診療料

がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料イ・ロ・ハ
夜間休日救急搬送医学管理料の注3に掲げる救急搬送看護体制加算
開放型病院共同指導料
がん治療連携計画策定料
排尿自立指導料
肝炎インターフェロン治療計画料
薬剤管理指導料
医療機器安全管理料1
造血器腫瘍遺伝子検査
HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
検体検査管理加算(Ⅳ)
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
長期継続頭蓋内脳波検査
CT撮影及びMRI撮影
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1
無菌製剤処理料
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料
人工腎臓
導入期加算2及び腎代替療法実績加算
透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
骨移植術(軟骨移植術を含む。)(自家培養軟骨移植術に限る。)
脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)及び脳刺激装置交換術
脊髄刺激装置植込術及び脊髄刺激装置交換術
乳がんセンチネルリンパ節加算2及びセンチネルリンパ節生検(単独)
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
腹腔鏡下肝切除術
腹腔鏡下膵腫瘍摘出術
腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
輸血管理料Ⅰ
輸血適正使用加算
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
麻酔管理料(Ⅰ)
保険医療機関間の連携におけるデジタル病理画像による術中迅速病理組織標本作製

概要について
入院時食事療養 入院時食事療養(Ⅰ)
クリニック概要
クリニック名 鈴鹿回生病院附属クリニック
所在地 三重県鈴鹿市国府町112番地2 
TEL059-375-1155
開設年月日 平成13年1月9日
院長 田中 公
診療科目 内科/消化器内科/循環器内科/小児科/整形外科/産婦人科/耳鼻咽喉科/アレルギー科/外科/脳神経外科/心臓血管外科/呼吸器外科/神経内科/皮膚科/形成外科/眼科/腎臓内科/血液内科/呼吸器内科/消化器外科
沿革
  • 昭和54年4月 鈴鹿回生病院(82床)を鈴鹿市寺家に開設
    内科、外科、産婦人科、整形外科、歯科(平成2年廃止)の診療開始
  • 昭和54年10月 病床数を104床に増床
  • 昭和60年3月 病床数を279床に増床
  • 昭和61年7月 循環器科の診療開始
  • 昭和62年3月 CT・MRI 導入
  • 昭和62年4月 クリーンベッド設置、血液疾患の治療開始
  • 平成1年7月 リハビリセンターの診療開始
  • 平成2年5月 神経内科の診療開始
  • 平成3年1月 耳鼻咽喉科の診療開始
  • 平成3年12月 鈴鹿回生総合病院へ名称変更
  • 平成4年5月 MRI装置の更新
  • 平成4年10月 泌尿器科の診療開始
  • 平成6年4月 不妊センターを開設(平成22年廃止)
  • 平成8年3月 特定医療法人認定
  • 平成9年3月 白子寮 竣工
  • 平成11年2月 オーダリングシステム導入
  • 平成11年12月 居宅介護支援事業所開設
  • 平成13年1月 鈴鹿市国府町へ379床に増床し新築移転
    小児科、脳神経外科 診療開始
    電子カルテシステム導入
  • 平成13年1月 鈴鹿回生総合病院附属クリニック併設
  • 平成13年1月 ライナック、RI、1.5T-MRI、血管造影撮影装置稼動
  • 平成13年4月  北勢地域鈴鹿地区病院群二次輪番制病院として救急医療を開始
  • 平成14年12月 病院機能評価「Ver.3」認定
  • 平成15年10月 卒後臨床研修病院に指定
  • 平成15年11月 鈴鹿回生病院へ名称変更
  • 平成17年4月 臨床研修棟 竣工 健康管理センター開設
    64列マルチスライスCT装置稼動
  • 平成17年6月 外来化学療法室の整備
  • 平成17年6月 非血縁者間骨髄移植認定施設(骨髄バンク)認定
  • 平成18年5月 DPC(診断群別定額支払い方式)開始
  • 平成19年4月 院内保育所「回生キッズ」開設
  • 平成19年12月 病院機能評価「Ver.5」認定
  • 平成21年1月 スポーツ医学センター設置
  • 平成21年4月 フィルムレス画像管理システム稼動
  • 平成22年4月 3.0T-MRI装置の増設
  • 平成23年3月 がん診療連携推進病院 指定
  • 平成23年11月 社会医療法人認定
  • 平成24年7月 血管造影撮影装置 更新
  • 平成24年8月 人工透析室完成
  • 平成25年2月 病院機能評価「Ver.6」 認定
  • 平成25年8月 1.5T-MRI装置の更新
  • 平成25年12月 災害医療支援病院 指定
  • 平成28年2月 2菅球搭載型マルチスライスCT 稼働
  • 平成29年10月 地域医療支援病院 認定
  • 平成30年3月 病院機能評価「3rdG:Ver1.1」 認定
  • 令和  1年9月 64列/128スライスCT装置稼働
  • 令和  3年1月 3.0T-MRI装置の更新
  • 診療時間のご案内

    平日午前診/9:00〜12:00
    午後診/14:00〜17:00

    休診日土・日・祝日

    ※泌尿器科、救急患者の受入れ、紹介状を持参される場合に一部の診療科は
    鈴鹿回生病院で診察を行っています。

  • 面会時間のご案内

    新型コロナウイルス感染症に対する
    感染防止対策として、当面の間、
    面会を禁止しています。