メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
あなたの健康を応援します

Home病院長挨拶


 

 私たちは「生命への奉仕」を理念とし良質な医療を行うことを目標としていますが、
それには患者さんと医療従事者が互いの信頼関係に基づき、安心して医療を受けられるようにすることが大切です。そこで以下のように「患者さんの権利」と「患者さんに守っていただきたいこと」を定めています。

 患者さんの権利

すべての患者さんは

1. 個人としての尊厳・人権が尊重され、良質な医療を公平に受けることができます。
2. 病状、検査、治療計画とその見通しについて説明を受けたのち、自らの意思で治療
方法などを選択することができます。
3. 診断や治療方針について他の意見を求めたい場合は、主治医以外の医師の
意見を聞くことができます。
4. 自分の診療録を閲覧することができます。
5. 診療の過程で知られた個人の情報やプライバシーは保護されます。

 患者さんに守っていただきたいこと

1. これまでの病気のこと、アレルギーの有無、現在の病状などご自身の健康に
関する情報は正確に提供して下さい。
2. 診療に関することで、医師や看護師、医療従事者から受けた説明や指示を守って
下さい。
3. 適切な医療を受けられるように、病院の規則を守り、医療の妨げとならないように
協力して下さい。
4. 適切な医療を維持するために、医療費を遅滞無くお支払下さい。

私たちは患者さんの意見や希望に耳を傾け、改善を図っていきます。
患者さんは意見や苦情を述べたことで、不利益をこうむることはありません。
意見や苦情を直接述べることが難しい場合、院内に設けた「ご意見箱」を利用することもできます。

ページトップ

ページの終了