初期固定法|研修医日記|社会医療法人 峰和会鈴鹿回生病院 鈴鹿回生病院附属クリニック

MENU
鈴鹿回生病院

研修医日記・先輩からのメッセージ

2021年4月7日 初期固定法

研修医日記

初期固定法

本日は整形外科の中空先生による初期固定法の研修です。即実践できるポイントをわかりやすく教えていただきました。

鎖骨、肋骨、膝関節、四肢を包帯や装具を使って固定していきます。包帯は転がる方向へ巻いていきます。
初期固定法

膝関節固定は、Knee braceの中心を膝窩部に合わせ、マジックテープで中心→近位→遠位の順に固定します。

鎖骨固定は、胸を張った姿勢でクラビクルバンドを第7頚椎棘突起の下に合わせます。

帰宅する患者さんに松葉杖の使い方を指導することを念頭に実習します。

中空先生は「整形外科の先生が当直のとき、救急外来で積極的にやってみてください。実践することで少しずつ上達します。また、初期固定することで患者さんの痛みを少しでも軽減することができます」

一覧に戻る

2021年04月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
カテゴリー
最新の記事
  • 診療時間のご案内

    平日午前診/9:00〜12:00
    午後診/14:00〜17:00

    休診日土・日・祝日

    ※泌尿器科、救急患者の受入れ、紹介状を持参される場合に一部の診療科は
    鈴鹿回生病院で診察を行っています。

  • 面会時間のご案内

    新型コロナウイルス感染症に対する
    感染防止対策として、当面の間、
    面会を禁止しています。