メニューへジャンプ 本文へジャンプ
鈴鹿回生病院 附属クリニック
Homeへ戻る 患者さんへ 診療科・部門 病院概要 医療関係者の方

本文の開始
研修医募集

Home研修医募集研修医日記

  


平成29年7月21日 病院説明会

こんばんは。今夜は平成30年度研修医募集の病院説明会がありました。
当院の定員は8名ですが、定員を上回る医学生さんたちが参加してくれました。県外からも数名来ていただき、採用担当者として嬉しい限りです。
とても素敵な医学生さんばかりで来年の4月が待ち遠しいです。

是非とも鈴鹿回生病院で一緒に学び、一緒に働きましょう。

 

 

       

ページトップ

平成29年7月20日 トリアージ研修

本日は29日に行われる大規模災害訓練の前段の講義がありました。
内容は荒木先生によるトリアージ研修と、木村薬剤管理課長の「手書き処方箋の書き方」の二本立てです。

災害医療について講義を受けた後、机上でトリアージの練習です。初めてトリアージタグも記入してみました。

荒木先生は「災害時は日常の医療とは違い、医療資源、場所、医療スタッフ等、特殊な状況下で、限られた医療機能を最大限に活かして一人でも多くの患者さんを助けてください」と仰っていました。

 

     

     

後半の「手書き処方箋の書き方」では、普段は電子カルテですから薬品名、用法、用量を正確に手書きすることはとても難しいことがわかりました。

万が一に備えて、実践的な災害訓練に真摯に取り組んでいきたいですね。

 

ページトップ

平成29年7月19日 三浦先生のアーリーバード

こんにちは。鈴鹿は毎日とても暑いですが、研修医たちは元気いっぱい頑張っています!
今朝は三浦先生(脳神経外科)のアーリーバードセミナーで、脳卒中の診断と治療について教えていただきました。
三浦先生から「初期研修の2年はあっという間に過ぎていきます。限られた研修期間を積極的な姿勢で取り組んでください。」とのことです。ありがとうございました。

 

ページトップ

平成29年7月11日 回生フットサル

こんばんは〜☆ 今夜は回生フットサルの練習におじゃましました!
場所は、鈴鹿リバーサイドフットサルクラブです。
メンバーは、斎藤副院長、松尾先生を筆頭に研修医、看護師、検査技師、理学療法士、臨床工学技士、事務、職員のご主人さん‥いろんな方が参加しています。
月1回の練習の他、近隣の病院さんとの練習試合や、地元の大会に出場したりしています。
研修医2年の猪飼先生、山中先生、1年の藤川先生はサッカー大好きですから毎回参加しています。猪飼先生は学生時代から来てくれていましたよ。

 

今回は1年の加藤先生が初めて参加してくれて、フレッシュなプレーを披露していました。レディースチームもありますが、数名がママさんになったので現在休部中です。今はメンズと一緒にプレーしています

 

 

業務が終わって疲れていますが、フットサルで汗をかいてストレス発散、とっても楽しそうです。
サッカー好きな医学生さんは、臨床研修病院に鈴鹿回生病院を選んでみてはいかがでしょうか? きっと充実した毎日を過ごすことができますよ ヾ(*´∀`*)ノ

     

   

ページトップ

平成29年7月10日 コミュニケーション研修

紫陽花が綺麗な季節となりました。
今日は、岐阜大学の藤崎教授にお越しいただき、研修医向けの医療コミュニケーション研修です。
初診外来を設定した2つのシナリオに、
4名の研修医が挑んでくれました。
難しい条件設定のシナリオで、かつ同期が見ている前で演じるのは大変だったでしょうが、おかげで他の研修医は多くのことに気づき、学べたと思います。
患者さんの表情を見ながら言葉のキャッチボールをする、絵や文字を使って説明する、共感する、等々。明日からの研修に是非活かしてくださいね。

 

 

藤崎先生は岐阜から、模擬患者さんは京都と大阪から来てくださいました。遠方より本当にありがとうございました。

 

 

 

ページトップ

平成29年7月6日 メンター面談

今日は月に一度の面談の日。1年目の加藤先生のメンターは整形外科・中空先生です。
元気かな? 困っていること、ストレスはないかな? 将来の進路で悩んでないかな?
研修が始まって3ヶ月。どんなに小さいことでもいいので相談してくださいね。

 

 

 

ページトップ

平成29年7月5日 森田先生のアーリーバードセミナー

おはようございます。今朝は整形外科(手外科)・森田先生のアーリーバードセミナーでした。
テーマは「切断肢再接着とマイクロサージャリー」
マイクロサージャリーとは、顕微鏡を用いて微小血管や神経を縫い合わせる手術手技のことです。
森田先生は「0.5mmの血管を縫合することは誰でも出来る手技です。そのためには、練習が不可欠です。整形外科に興味がある人は、ぜひチャレンジしてください。」

       

   

 

ページトップ

平成29年度ボウリング大会

今夜は院内のボウリング大会です。過去最高の423名(職員の7割)が参加する盛大な大会となりました。
総合優勝は、研修医の大内先生!!\(★^^★)/ヤッタ〜
藤川先生も9位にランクインしましたよ!
久しぶりのボウリング、楽しかったですね。

 

 

ページトップ

平成29年6月28日 アーリーバードセミナー(胸部外科)

おはようございます。今朝は松島先生のアーリーバードセミナーです。
テーマは「呼吸器外科的救急処置」
外傷による緊張性気胸は診断から治療まで速やかな対応が必要です。
緊急脱気、胸腔ドレナージ処置する際の位置の確認、手技を教えていただきました。

後半は、シミュレーターを用いて口または鼻から気管支鏡を挿入し、気管支の中を観察する手技を教えていただきました。
松島先生から「救急現場での呼吸器対応は救命の上でも最重要項目です。研修期間中にしっかり身につけて下さい。」とのことです。ありがとうございました。

 

 

 

 

ページトップ

平成29年6月17日 同期会でBBQ!

梅雨晴れに恵まれた17日、院内美化運動で汗を流した後、津のパクパクポークにて同期会を行いました。
今年入職した新人37名のうち、27名が参加してのBBQとなりました。
回生病院では、4月に全職種合同で、1週間の新人オリエンテーションがあるため、職種関係なく同期として仲良くなり、今回で2回目となる同期会を開催することができました。
日頃は新人として不安な思いを抱きながら働いていますが、オフには研修医の仲間だけでなく他職種の同期と交流することで、普段はなかなか話せない悩みや不安などを共有することができ、非常にいい気分転換ができました。
病院主催の全職種合同イベントの多い病院だと思いますが、またこうして腹を割って話せる同期会も定期的に続けていき、仕事にも役立てていけたらなと思います。

 

By Fujikawa

 

 

ページトップ

平成29年6月17日 院内美化運動

梅雨だというのに今年の6月は晴天が続いています。絶好の行楽日和となった土曜日、回生病院では職員や家族が参加して年に一度の美化運動が行われました。
岡先生の発声で、一斉に草取り・ゴミ拾いの作業にかかります。研修医も参加して一生懸命草むしりをしてくれました。
みんなで汗を流して病院が綺麗になるのは、気持ちがいいですね。
みなさん、ありがとうございました!

 

 

斎藤先生のミッキーのタオル、かわいいです〜 (“^▽^”)

 

ページトップ

平成29年6月16日 整形外科カンファレンスの様子

おはようございます。今朝は整形外科のカンファレンスにおじゃましました。
今月は三重大学病院研修医の畑中先生と伊野先生が当院の整形外科で研修されています。
当院の整形外科は、症例数・手術件数ともに県内トップクラスですから多くの事を学べる環境です。

積極的に臨んで充実した1ヶ月を過ごしてくださいね

 

 

 

 

 

以下は整形外科研修の様子です。
            外来研修(川口先生)

       
       

 

 

 

            手術麻酔(池田先生)
       

ページトップ

平成29年6月14日 中心静脈カテーテル研修

本日は中心静脈カテーテル研修です。講師は岡先生と渡邉先生。堀池先生と田野先生も駆けつけてくださいました。
注意事項とIVHセットの説明を受けてから〜

 

  

 

 

2グループに分かれて、必要なものを清潔操作で準備。ガウンの着用手順は大丈夫ですか?  前準備が肝心です!!

それでは実習スタート
エコーで確認しながら穿刺 → 逆血きました!→ ダイレーター挿入
→ ちゃんと固定してガイドワイヤー挿入(手を離さないこと) → カテーテル挿入
→ 逆血OK → エコーで確認 → 終了(できたー!)

 

        

 

 

岡先生から「動脈の誤穿刺や気胸など合併症の危険を伴います。細心の注意を払って処置にあたってください」とのことです

今回は学生さんも一緒に実習しました。加藤先生から丁寧に教えていただいて3名とも成功していましたよ。よかったですねー。お疲れさまでした。 (^o^)

 


ページトップ

平成29年6月9日 メディカルラリー2017 始動!

いよいよメディカルラリーの季節がやってきました!
今年のテーマは 「救急医療の祭典〜チームで極める救命の連鎖」
決戦の日は9月9日、舞台は三重大学です。

今年も当院は鈴鹿市消防本部の救命士さんとチームを組んで出場します。第1回目は、鈴鹿消防署の矢田さんに、競技の内容、各人の役割分担、指揮命令系統など教えていただきました。これから9月9日に向けて、色々なシナリオを想定した練習が繰り広げられます。頑張ってくださいね!
メンバー: 医師は宇都宮先生(神経内科)と鈴木先生(研修医1年)、看護師は小原さんと松永さん、救命士は中川さんと前川さん
練習時に模擬患者としてお手伝いしてくれる方を募集しています。みんなで盛り上げていきましょう!

 

  

 

 

メディカルラリーとは
医師・看護師・救命士の6人で1つのチームを組織し、実際の現場を模した8つのシナリオに挑みます。大規模災害・交通事故・心停止など、シナリオの内容は多岐にわたります。シナリオ毎に評価、採点が行われ、その総合得点で順位を競います 。

ページトップ

平成29年6月8日 今井教授の救急セミナー

本日は三重大学病院救急救命センター長でいらっしゃる今井寛教授のランチョンセミナーでした。救急外来での患者さんへの接し方、入院判断の仕方など、わかりやすくご教示いただきました。
また、今井先生はドラマや映画の医療監修を数多く手掛けていらっしゃるので貴重なお話も伺うことができました。

 

 

 

今井先生から「まず自分の体調を整えて、患者さんへ最善の医療を尽くしてください。」とのメッセージです。
ありがとうございました。

 

   

 

 
ページトップ

平成29年6月7日 アーリーバードセミナー

今朝は堀池先生(消化器内科)のセミナーです。テーマは「慢性肝炎」。
堀池先生は、「免疫抑制剤・化学療法を施行する際に、B型肝炎ウイルス(HBV)が再活性化し、重症肝炎や劇症肝炎を発症することがあります。このHBV再活性化による肝障害は, 未然に防ぐことが可能な場合が多いので、どの診療科であってもそのリスクと対応策を知っておいてほしいです。」
ありがとうございました。

 

   

 

   

 

   

 

 
ページトップ

平成29年6月5日 心臓エコー実習

本日は心臓エコー研修です。まず技師さんがプローブの持ち方、走査方法、画像の見方を示してくださった後、順番に実習していきました。
心エコー検査において最も重要なことは、まず基本断面をきっちりと描出することです。可能な限り、体位に気をつけて綺麗な画像を描出していきます。そして、色々な角度から観察し、心臓の動き、サイズを評価していきます。適切な断面が得られてこそ正しい計測が可能となり、異常所見を的確にとらえることができます。

検査技師の松林さん、ありがとうございました

 

 

   

 

   

※今日は、見学に来てくれた学生さんも一緒に実習しました。

 
ページトップ

大矢先生に赤ちゃん誕生!

2年次の大矢先生がパパになりました!おめでとうございます!
赤ちゃんの健やかな成長をお祈りいたします。
子育てと仕事、頑張ってくださいね。おむつケーキのプレゼントです♪

 

     
ページトップ

平成29年6月2日 板橋先生先が来てくれました

3月に研修を修了し、三重大学眼科に入局された板橋萌先生が、大学からの派遣で外来診察に来られました!
研修医室にも寄ってくださって、研修医たちとパチリ!
リニューアルした研修医室に「わー、広くなったね!QOLがあがったね」。
1年次には「大変な時期だけど頑張ってね」と声をかけてくださいました。
板橋先生も頑張ってくださいね  (*^ ^*)//

 

     


ページトップ

平成29年5月下旬〜6月中旬 個人面談

只今、個人面談week!  岡先生と臨床研修部が一人ずつ30分かけて個人面談しています。研修医手帳やレポートの提出も確認しながら、じっくり話しを聞きます。
2年次は将来の進路を考えるときです。1年次は2ヶ月経過して疲れが出るころです。
困っていることはないですか? 何でも話してくださいね 。

 

   

     


ページトップ

平成29年5月31日 アーリーバードセミナー

今朝は脳卒中センター長の金丸先生によるアーリーバードセミナーです。
テーマは「脳腫瘍」
脳腫瘍の摘出手術映像を見ながら詳しく解説していただきました。
また、「背骨に転移した癌」の症例から「患者さんの痛みを取り除き、QOLを維持する」ことがいかに重要であるかを教えていただきました。

 

     

金丸先生は「医学知識を豊富に身につけて、何事にも積極的に取り組んでほしい」。

金丸先生、ありがとうございました

   

ページトップ

平成29年5月23日 第23回生命の駅伝

今年もチャリティーイベント『EKIDEN for LIFE〜生命の駅伝〜』が開催されました。
支援ランナーと共に、当院から研修医の藤川先生、薬剤師の佐々木さん、医事課の豊田さんが、桑名医療センターを朝9時に出発、炎天下の42Kmを走ってがん研究への支援を呼び掛けました。看護師の福尾さんも亀山市役所から合流し、病院玄関前で多くの職員に迎えられました。

 

   

     

 

職員から集まった募金が松島副院長からランナー代表4人に手渡され、照れながらも清清しい顔をしていました!
ご協力いただいたみなさんありがとうございました。

ランナーのみなさん本当にお疲れさまでした。

    

    

 

鈴鹿回生病院は生命の駅伝を応援しています。

 


ページトップ

平成29年5月17日 接遇委員会ロールプレイング

 循環器の斎藤副院長が主催する接遇委員会の活動が、今年も始まりました!今日は第1回ロールプレイングです。100人を超す職員と一緒に研修医も初めて参加しました!
テーマは
「腹痛の外来患者さんのCT撮影と、予約患者さんのCT撮影が重なった場合の対応」

 

 

 

2つのチームが配役を決めて、患者さんへの対応を演技します。木谷先生は患者A役、加藤先生は放射線受付役を熱演しましたよ。

 

 

ロールプレイを見た後はチームでディスカッションし、代表者が意見を述べていきます。

 

 

藤川先生を筆頭に研修医たちは、自ら志願して発表していました。さすがです!!

 

 

初めて話す年上の職員に囲まれて緊張したでしょうが、一つ繋がりができましたね。職員同士の和がどんどん広がっていくといいですね。


ページトップ

平成29年5月12日 接遇研修

本日は、毎年恒例の浜田果歩先生による新入職員の接遇研修です。
一人ひとりが「優しい笑顔」と「明るい声」で行動していれば、仕事は円滑に進みます。
今日は浜田先生に基本的なマナーを教えてもらいましょう。

 

 

 

まずは、鏡を見てスマイルトレーニング!最初は恥ずかしかったけど、みんな、とっても素敵な笑顔ができました!

 

お辞儀の仕方、敬語の使い方を教えてもらった後は、様々な場面を想定したロールプレイング。忙しいときも、こんな笑顔で相手の気持ちになって行動したいですね。

 

 

 

もっと話し方を学びたい方は、鈴鹿コミュニケーションスクールへ問い合わせてみてください。

先生の書籍はアマゾンで購入できますよ。
今後の就職活動、面接に大いに役立つと思いますよ。

 

 

 

 


1,620円 Amazon
人間関係で困らない子どもを育てたい大人
のためのキラキラ☆コミュニケーション術

 

 

ページトップ

平成29年5月10日 検査室実習(血液検査、細菌検査)

本日は検査室におじゃまして、技師さんから2人1組で血液検査と細菌検査をマンツーマンで実習させていただきました。

 

 

 

血液検査は「血液型検査」と「交差適合試験」の実習です。この2つの検査は、安全な輸血のために欠くことのできない検査です。
「交差適合試験」では、洗浄後に余分なタンパクをしっかり除去しないと、判定に影響してしまいます。
「血液型検査」では、入れる試薬を間違えないようにしましょう。

 

 

細菌検査は「グラム染色」の実習です。
スライドグラスを水洗したあと、水を切り、標本ができあがりました。染色手技を間違えると不適切な標本になってしまうので気をつけましょう。
鏡検は、全体を観察してから、適切な箇所をしっかり見ていきます。

 

 

 

●血液検査のしくみを理解することで所要時間も把握でき、タイミングよく検査オーダーできるようになります。
●感染症の診断にはグラム染色が最も役立ちます。迅速診断で最適な抗菌薬を選択できるようになります。
今後の業務に活かしていきたいですね。検査課のみなさん、ありがとうございました。


ページトップ

平成29年5月5日 東海北陸病院説明会

気持ちよく晴れ渡ったこどもの日、ポートメッセ名古屋にて東海北陸病院合同説明会に参加しました。

すぐ隣には、オープンしたばかりのレゴランドのタワーがそびえ立っています。渋滞を予測して早めに出発したおかげで、余裕で到着することができました

 

 

 

三重県出身でUターンを考えている学生さん、当院の整形外科に興味のある学生さん、先輩に会いに来てくれた学生さん等、たくさんの学生さんとお話しすることができました。

 

 

「研修1ヶ月のリアル体験談」を一生懸命に説明してくれたのは、1年次の藤川先生と加藤先生。さすが、学生さんの知りたいツボをよく知ってらっしゃる!当直のこととか、知りたいですよね〜。

 

2年次の川口先生は「1年間でこんなことができるようになります」と実感こもってます。また、試合で顔見知りの他大学の学生さんと陸上の話に花が咲いていました。

 

   

 

連休真っ只中の日に、加藤院長、岡先生、田野先生、ありがとうございました。
説明会終了後、レゴランドの入り口で記念写真パチリ!
お疲れさまでした〜 \(^o^)/

 

   

ページトップ

平成29年4月27日 読影研修

毎月開催される濱田先生(放射線科)の読影研修が、今日から始まりました。この研修は歴代の研修医にたいへん人気があります。
第1回は脳梗塞の診断に欠かせない「頭部CT」の読影です。

 

 

 

   濱田先生の説明の後、研修医が一人ずつ病巣を探していきますが、なかなか見つかりません。そんな時は2年次の山中先生がフォローしてくれます。

 

 

濱田先生は「血管内の血栓」や「脳の浮腫」の見つけ方を詳しく解説してくださいました。
「当院は24時間体制でMRIが施行されますが、他の施設ではそうはいきません。急性期脳梗塞をCT検査で見極めることが要求されてきますので、研修医のうちに勉強しておくといいですね」濱田先生、1年間よろしくお願いします!


ページトップ

来週から整形外科!

5月から整形外科をローテートする池田先生は、何を予習したらいいか2年次の川口先生に聞いています。川口先生は代々受け継がれた教科書を手に「ここからここまで読んでおくといいよ」とアドバイス。
整形外科の先生は、加藤院長はじめ皆さん優しいから大丈夫ですよ(^o^)

 

   

 

  


ページトップ

ソファーがきた!

研修医室に新しいソファーが届きました。フカフカでいい感じです。テレビもオシャレな壁掛けになり、ますますクオリティーの高い研修医室となりました。
休憩時間にはソファー争奪戦が予想されそうです。実習中の学生さんとパシャリ!

 

  


ページトップ

平成29年4月25日 実践前研修E

腹部エコー研修

本日は腹部エコー研修です。技師さんがお手本を示しながら、機械の説明、プローブの持ち方、走査方法、画像描出のコツをわかりやすく教えてくださいました。
メモを取った後は、順番に救急外来で必要な胆嚢と腎臓を中心にルーチンを実習していきます。今日は時間を延長して「FAST」にもトライしてみました。
今後はどんどん実践して技術を身につけていきたいですね。検査技師の荒木さん、ありがとうございました。

 

 


ページトップ

平成29年4月21日 院内BLS研修

今日は「医師、看護師以外の職員」と「新入職員」を対象とした院内BLS研修です。先日、渡邉先生からみっちり指導を受けた研修医は、今日はリーダーとしてアドバイスする立場です。
まず、救急外来チームと打ち合わせ、デモンストレーションの後、「医師、看護師以外の職員」に指導していきます。

   

 

これまで接したことの無い年上の看護補助者や事務職員ですが、徐々に慣れて双方とも楽しそうです。

 

今回は北川事務長も参加されましたよ(^ ^)  消防士さんから直接指導です!

    

 

    

 

後半は新人オリエンテーションで仲良くなった同期の職員への指導です。同じ釜の飯を食べた仲間ですから、リラックスして研修ができました。次の飲み会の約束でもしたのでしょうか?

 

最後は全員でハイチーズ(パシャッ) 2クールお疲れさまでした!
今回は亀山消防署さんにもお手伝いいただきました。ありがとうございました。

 

    

ページトップ

平成29年4月20日 実践前研修D

救急外来での初期固定法 
本日は整形外科の中空先生による初期固定法の研修です。即実践できるポイントをわかりやすく教えていただきました。

 

鎖骨固定は、胸を張った姿勢でクラビクルバンドを第7頚椎棘突起の下に合わせる。

  

 

肋骨固定は、息を吐いた状態でバストバンドの伸縮部分を引っ張り、最初に下側を止める。
  

 

膝関節固定は、Knee braceの中心を膝窩部に合わせ、マジックテープで中心→近位→遠位の順に固定していく。

  

 

四肢固定は、患肢にあうように副子を成形し、包帯は転がる方向へ巻くと巻きやすい。

 

後半は二人一組でどんどん実習することができました。

 

固定されて鋼鉄の体になりました!

 

中空先生は、「整形外科の先生が当直のとき、救急外来で積極的にやってみてください。実践することで少しずつ上達します。また、初期固定することで患者さんの痛みを少しでも軽減することができます」


ページトップ

平成29年4月18日 実践前研修C

PNLS(Primary Neurosurgical Life Support)
今日は脳神経外科の荒木先生によるPNLS(脳神経外科に特化した救急蘇生法)研修です。
当院は脳卒中センターを設置しており24時間、365日 急性期脳卒中に対応しています。
脳神経外科を志す先輩研修医もいるので、患者さんが搬送されたときは対応できるように勉強していきましょう。

 

ページトップ

さらに使いやすく! 研修医室リニューアル!

研修医室がリニューアルしました。席数を増やし、「共有スペース」と「学習スペース」をしっかり区分して、さらに使いやすい研修医室に生まれ変わりました!
もちろん、従来どおり個室ブースも確保されています。
さらに仮眠室も増築し、男女とも6名分のベッドが配置されました。なんと、男性用ベッドは身長2Mにも対応できるキングサイズです。
初期研修医16名、後期研修医7名の大所帯の研修医室となりましたが、すぐ近くに何でも教えてくれる先輩上級医がいる環境っていいですよね。
学生の皆さん、新しくなった研修医室に一度見学に来てください。

 

 

 

 

ページトップ

平成29年4月12〜14日 実践前研修B

ICLS研修
2日間かけて渡邉先生と遠藤先生のICLS研修です。
「胸骨圧迫と人工呼吸」は、<速さ・深さ・リコイル>が大切だと教わりました。「除細動器」は、心電図解析して電気ショック・胸骨圧迫を演習。
最後は気管挿管。ちゃんと繋がったか、食道挿管していないか、聴診器で確認します。

これで「あなたも医療人の仲間入り!」  渡邉先生、ありがとうございました。

 

 

 

縫合研修
外科の岩佐先生に糸結びと縫合を教えていただきました。まず、器具の説明を聞いてから、先生のお手本を見学していざ実習です。学生時代にOSCEで経験しましたが、久しぶりでなかなか上手くできません。岩佐先生は一人ひとりの手を取って丁寧にご指導くださいました。
「考えなくても手が動くように、日頃の練習が大事です。」
岩佐先生、ありがとうございました。

 

 

 

ページトップ

平成29年4月10〜11日 実践前研修A

診療録研修

鈴木先生から診療録について教えていただきました。診断書、紹介状、入院計画書、退院サマリーも指導医の下で随時書いていきます。

 

 

 

 

 

マスクのフィットテスト
「N95マスク」の正しい着用方法を教わり、一人ずつ漏れ率を計測しました。
ベスト3は、1位 加藤先生(0.77%)、2位 中野先生(1.31%)、3位 藤川先生(2.44%)
きちんと着けることでマスクの性能が最大限に活かされます。正しく着けて安心を手に入れてください。

 

 

 

 

注射研修@
田野先生から採血の手順と注意事項を教えていただいてから、シミュレーターで実習し、最後は抗体価を測るために自分達で採血を行いました。

 

 

注射研修A
看護部と一緒に静脈留置針の挿入・ルート接続・滴下、持続点滴の方法を実習しました。
ベテラン看護師からコツを教えてもらい、何度も練習ができたので大変勉強になったようです。


ページトップ

平成29年4月7日 実践前研修@

4月は全員内科を履修しながら、幾つかの研修を経て実践に入る前の基礎知識を身につけていきます。

午前はオーダリング研修。
電子カルテの操作方法、処方、検査、レントゲンのオーダー入力をそれぞれの担当者から丁寧に教えてもらいました。

 

 

 

午後は各部署ラウンド。
薬剤管理課では調剤室、無菌調製室、院内医薬品情報の説明を受けました。薬のことでわからない事は薬剤師が丁寧に教えてくれます。

 

     

 

 

臨床検査課はクロスマッチ検査やグラム染色で今後もお世話になります。

     

 

 

放射線課では、CT、MRI、アンギオを見学後、マンモグラフィーで手を圧迫して痛さを体験し、最後にRI室で汚染線量を測ってもらいました。

 

 

リハビリテーション課では理学療法室、作業療法室、言語療法室、筋力測定のCYBEXを見学しました。

 

 

スポーツ医学センターでは、アスレチックトレーナーの深間内先生からトレーニング器具の説明を聞いた後、スクワットラックで懸垂したり、バランスボードで体幹トレーニングを体験しました。みんな見事な体幹力でした!

 

救急外来はこれから一番お世話になる部署です。看護師の佐野係長から診察室や設備の説明、当直時のアドバイスをいただきました。8日から日当直がいよいよ始まります。2年次がマンツーマンで丁寧に教えてくれるので、頑張っていきましょう。

 

手術室では、前田看護師長から手術室の入室方法、諸注意を聞いた後、手袋のサイズ合わせをしました。わからないことは手術室看護師にどんどん聞いて、コミュニケーションをとっていきましょう。


ページトップ

平成29年4月3日〜7日 新人オリエンテーション

研修医は他職種の新人と一緒に新人オリエンテーションに参加しました。最初は緊張していましたが、グループワークを重ねる毎に徐々にうちとけて、最終日のオリエンテーリングは大いに楽しめたようです。
社会人として大切な最初の3年、同じ釜の飯をたべる同期とともに「チームで働ける社会人」になれるよう切磋琢磨してほしいです。
4日間の様子を少しだけ紹介します。

 

<グループワーク>
6人グループ(研修医、看護師、コメディカル、事務)に分かれて研修が始まりました。まずは自己紹介。ディスカッションを重ねるうちに会話が弾んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<感染防止対策研修>
感染管理認定看護師による研修では、講義の合間に手洗いのしかた、防護具(マスク、エプロン)の装着のしかたを実習しました。
手洗いでは、指のあいだや指先の洗い残しに悪戦苦闘し何度も洗いなおしました。

 

 

<ストレッチ>
倫理研修、医療関連法規など難しい研修の合間に、健康運動指導士によるストレッチ体操の時間を取り入れました。じゃんけんによるコーディネーショントレーニングで交流を深め、ストレッチで楽しくリフレッシュできました。

 

 

 

<鈴鹿市長来訪>
鈴鹿市の末松則子市長が新人オリエンテーションにお越し下さり、「鈴鹿市の救急を担う若い皆さんのご活躍に期待しています」とご祝辞を賜りました。

 

 

       

 

 

<先輩より一言>
入職後1〜3年目の先輩が実際に経験したことを交えて新人の質問に答えるコーナー。
2年目の益川先生が参加してくれました。

 

 

<オリエンテーリング>
「病院16スポットを探せ!」
6つのグループに分かれてオリエンテーリング。16箇所のスポットの写真を撮って1時間以内にゴールできるか?! 新人研修の中で一番盛り上がっていました。

  桜も見ごろを迎え、研修の息抜きと親睦が深まったようです。

 

 

<研修を終えて>
あっという間の4日間でしたが、仲間と「協働する」「連携する」意識が芽生えたようです。最後は「一本締め」で研修終了となりました。明日からそれぞれの職場で頑張りましょう。

 


ページトップ

平成29年4月3日 入職式

37名の新入職員を迎えるように病院の桜が咲き始めました。今日は平成29年度の入職式です。
36年前の「酉年」に医師になった加藤院長から
“「医」の旧字体「醫」という字の中には「酉」が入っています。12年に一度の記念すべき「酉年」に医療職に就かれた皆さんは積極的に行動して実りある1年としましょう。”との祝辞をいただきました。その後、研修医の鈴木先生と看護師の小川さんが新入職員を代表して辞令を受けました。
医師として第一歩の2年間が始まります。さあ頑張っていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

ページトップ

平成29年3月23日 研修管理委員会 修了認定!

夕刻から研修管理委員会が開催され、「2年次の研修修了判定」は、全会一致で6名全員が2年間の研修修了を認定されました。
研修管理委員会の後は、修了証書授与式となり、研修管理委員長の加藤病院長より修了証書が、プログラム責任者の岡先生からは記念品のロゴマーク入り白衣が手渡されました。
修了者たちは、「素晴らしい先生方の下で充実した研修生活を送れました」「くじけそうな時も同期や皆さんの励ましで乗り越えられました」「指導医の先生のように自分も後輩を指導できる医師になりたい」など、感想を述べていました。
医師として最初の2年間、辛かったこと、大変だったこと、嬉しかったこと、、、悲喜こもごもの2年間だったと思います。
今日の先生方の顔は、たくましくて、キラキラ輝いていました。
お別れするのは寂しいですが、それぞれの分野でのご活躍を期待しています。そして、また鈴鹿回生病院へ帰って来ていただけたら嬉しいです。

研修修了、本当におめでとうございました。

 

 

 

 

 

 


ページトップ

平成29年3月20日 三重県研修病院合同説明会

桜のつぼみも膨らみはじめました。
今日は年に一度のMMC病院合同説明会です。
朝から研修医がみんなで手伝ってくれたので、あっという間にブース設営が完了しました。
合格したばかりの新1年次7名も参加して大所帯の当院のブースには、開場とともに大勢の学生さんが来てくださいました。
実習や部活で顔見知りの学生さんもいて、新2年次がわかりやすく研修内容を説明してくれていました。
4月1日には、「もっと広くて」「もっと快適な」研修医室にリニューアルする予定です。
学生のみなさん、どうぞ見学にお越しください。
ぜひ「来て・見て・聴いて」、鈴鹿回生病院の研修を実感してください。
見学はいつでも大歓迎です。随時受け付けていますので、まずはEメールかお電話でお問合せください。お待ちしていまーす!

 

 新1年次  カッコヨクキマッテマス☆

 

 

 熱心に説明する長谷川先生。

 

今回は初めて田野先生にもご参加いただき、鈴鹿回生病院をアピールすることができました。
皆さん、お疲れさまでした! 来年もフルマッチするといいですね。


ページトップ

平成29年3月7日人工呼吸器研修

昨年末に新しい人工呼吸器が導入されたので、今日は研修医と看護師向けのNPPV研修です。春冷えの寒い日でしたが総勢70名の参加となりました。
斎藤先生(循環器内科)、杉田先生(呼吸器内科)指導の下、長谷川先生が患者役となってマスク装着の手順や注意点を勉強しました。

 

 

 

「研修医、看護師、臨床工学技士が連携して使えるように、積極的に使って慣れてください」と杉田先生はおっしゃっていました。
長谷川先生、患者役お疲れ様でした。


ページトップ

平成29年3月1日 卒後臨床研修評価機構の認定を受けました!

お昼過ぎにJCEPから郵便が届き、ドキドキしながら開封すると・・・
な、なんと認定期間【4年】の認定証が入ってました! バンザーイ! バンザーイ!
加藤院長も岡先生も大喜びです!
もちろん、臨床研修部の私達も本当にうれしいです。
今後も研修医が充実した2年間を過ごせるように、研修プログラムや研修環境を整備してまいります。

 

 

医学生のみなさん、鈴鹿回生病院へ見学にどうぞお越しください。今春は研修医室を拡張する予定ですので快適な研修生活をお約束しますよ。


 

NPO法人 卒後臨床研修評価機構(JCEP)とは
国民に対する医療の質の改善と向上を目指すため、臨床研修病院における研修プログラムの評価や研修状況の評価を行い、「研修プログラムの改善」及び「良質な医師の養成」に寄与することを目的として設立された機関です。

 

ページトップ

平成29年2月25日 MMC卒後臨床研修医学会

今日は三重大学にてMMC卒後臨床研修医学会が行われました。
県内35名の研修医がエントリーした中で、当院の山中先生が2位、猪飼先生が3位と優秀な成績を収めました!
「優れた指導医」によって「デキル研修医」が育つことが
昨年の早川先生、池田先生に続く連続受賞によって証明されました!!
指導医の三浦先生、松尾先生はじめ、ご指導いただいたた先生方、研修医の先生方、お疲れさまでした。
本当におめでとうございます
♪♪v(⌒o⌒)v♪♪バンザーイ

 

 

 

発表準備は大変だったでしょうが、多くの知識を身につけることができましたね。

 

演題
山中拓也
「症状の進行性増悪を認めた内頚動脈狭窄症に対して緊急頚動脈ステント留置術を施行した1例」
猪飼信康

「ループス腎炎の治療中に視力障害で発症したPRESの1症例」

 

ページトップ


平成29年2月20日 新年会

今週の鈴鹿は春も近いかなと思わせる温かい日が続きました。
例年より1ヶ月ほど遅れましたが、今日は年に一度の病院新年会です。
研修医達には余興の任務があり、毎年クオリティが高いので準備が大変です。
今年は大矢先生力作のムービーで、キレッキレのダンスを披露してくれました!!
さらに!スペシャルゲストの岡先生のダンスは、会場中のみんなの心を”わしづかみ”にしていました★
連日遅くまでの練習、本当にお疲れさまでした。サイコーの舞台でした。

フォーメーションの打ち合わせ。真剣です!

岡先生、リフトの練習!

   

 

ページトップ

平成29年2月4日 合格祈願

医師国家試験まであと1週間となりました。
内定者全員が合格できますようにと、北川事務長が「椿大神社」へご祈祷に行ってくださいました。
実力と運を身につけて、万全のコンディションで「人事を尽くして、天命を待つ」。
4月から鈴鹿回生病院で医師としての一歩を踏み出せますように、合格を心からお祈りしています。

 

 

椿大神社(つばきおおかみやしろ)

鈴鹿山系の中央に鎮座する伊勢国一宮椿大神社全国に2000余社ある猿田彦大神を祀る神社の総本宮と尊称され、三重県では伊勢神宮と並んでパワースポットとしても有名です。天孫降臨の道案内をした猿田彦大神を主祭とする椿大神社には、「みちびきの祖神」として、縁結びや交通安全、厄除けといった信仰する者により良い人生を導いてくれるご利益があります。是非参拝に訪れてみてください。

ページトップ

平成29年1月27日 救急 振返りカンファレンス

今日は「振返りカンファレンス」の日です。 救急外来で経験した症例をそれぞれ発表します。宗吉先生が経験した小脳梗塞は、発見がとても難しかったので皆で画像を検討しました。見逃してはならない症例を共有することはとても大切ですね。今後も続けていきましょう!

 

     

ページトップ

平成29年1月25日 アーリーバードセミナー

今日は呼吸器内科・杉田先生のアーリーバードセミナーです。
人工呼吸器の取り扱いは4月の導入研修で経験しましたが、専門医の杉田先生にもう一度いちから、詳しく教えていただきました。
杉田先生は「今は周りのスタッフに助けてもらえますが、3年目からは自分で行わなければなりません。ちゃんとマスターして下さいね。」

 

     

ページトップ

平成29年1月24日 JCEP機能評価 受審

今日の鈴鹿は大雪で病院付近は15cmの積雪となり、大渋滞でシャトルバスも遅れる大変な日となりました。
そんな中、JCEPの訪問調査にサーベイヤーの先生方が遠方よりお越しくださいました。

 


まず、加藤院長とプログラム責任者の岡先生の病院説明に始まり、その後合同面接、各部署訪問へと続きます。病棟では、研修医の川口先生と宮武謳カがサーベイヤーの先生の質問にドキドキしながら答えてくれました。
各科エースの指導医の先生のインタビューも無事に終わり、後は結果を待つだけです。

 

 

 

今回の受審のために、医局の先生方、看護部、コメディカル、事務等、多くの方にお世話になりました。
当院の臨床研修はたくさんの職員の支えがあって成り立っていることを実感しました。
認定されるといいのですが。。。

 

     

ページトップ

平成28年12月18日 鈴鹿シティマラソン(研修医大活躍!)

絶好のマラソン日和の日曜日、スズカサーキットで「世界最高峰のコースを駆け抜ける」鈴鹿シティマラソンが行われました。
GPスクエア内には医科学相談コーナーが設けられ、今年も鈴鹿回生病院の大勢のドクターとメディカルスタッフが市民ランナーの相談に応じていました。


研修医(現役・修了者)は、相談コーナーと救護所で大活躍でした y(^ー^)y

まずは相談コーナーの整形外科の植村先生は研修医の大先輩です。(1期生)

     

 

スポーツドクターを目指す千賀先生と、上田先生。(整形外科・ともに10期生)

 

2年次の佐々木先生(12期生)は、昨日のカメジョブキッズに引き続き、ランナーとして連日の行事参加ご苦労様です。

     

救護所では、1年次の川口先生・長谷川先生(13期生)がケガをされた方の応急処置です。

 

 

鈴鹿回生病院の研修修了者は、現在多方面で活躍中です。
今後もいい先生をどんどん輩出できるといいですね。

     

ページトップ

平成28年12月17日 カメジョブキッズ2016

今日は底冷えのする寒い土曜日。
三重県主催の職業体験イベント「カメジョブキッズ2016」が亀山市西野公園体育館で開催されました。毎年、「研修医の仕事」は募集と同時に満席となる大人気ブースです。

 

今年は、2年次の佐々木先生、1年次の益川先生、山中先生が1年生から6年生の小学生に研修医の仕事を指導してくれました。
内科実習は、血圧測定、聴診、カルテ記載。

 

外科実習は、包帯固定。

救急実習は、心臓マッサージ、AED操作

 

「心臓の音が(とくとく)と聞こえた」「心臓マッサージが難しかった」「AEDが面白かった」と感想が寄せられました。
今年は看護部からベテラン看護師の応援があり、とても充実したプログラムとなりました。
 

記念撮影では研修医と写真が撮れるとあって、子ども達にひっぱりだこでした。
この中から、未来の研修医が生まれるといいですね。
皆さん、寒さと忘年会疲れの中、本当にお疲れさまでした。

    

ページトップ

平成28年12月13日 メディカルチェック

毎日寒い日が続き、あっという間に年末ですね。年末年始といえば全国高校サッカー選手権大会。
今年は海星高校が初出場で、宮城県の聖和学園と対戦します。
ということで、毎年恒例の「全国大会出場前のメディカルチェック」に海星高校の選手の皆さんが来院されました。
今もサッカーが大好きな植村先生、千賀先生、研修医の川口先生、長谷川先生が一人ずつ丁寧に問診して、薬や食べ物に対するアレルギー、サプリメントやプロテインまでチェックしていました。
研修医の二人は初めてのメディカルチェックだったので、先輩の千賀先生が後輩達に優しく指導していました。

 

空き時間には、トレーナーの北村先生のストレッチ教室もあり、選手達はきついストレッチに苦戦していました。
全国大会、怪我をしないように頑張ってくださいね。

鈴鹿回生病院はスポーツする皆さんを応援しています。

ページトップ

平成28年12月3日Advanced OSCE 優勝!

2年次の板橋先生がMMC主催のAdvanced OSCEに出場し、みごとに優勝しました。
さらに!板橋先生を指導した鈴鹿回生病院も表彰されましたv(^o^)v バンザーイ
チーム対抗とはいえ、板橋先生の研修に取り組む日頃の真摯な姿勢の賜物ですね。
おめでとうございます。

 

 

 

ページトップ

平成28年12月7日 症例発表会

今日は年に一度の症例発表会です!
直前までスライドの見直しに余念のなかった1年次。それに対して2年次はちょっと余裕な感じがしました。
座長の先生が上手に進行して下さり、フロアからは続々と質問の手が上がり、活発な発表会となりました。
返答に窮して「私はこの症例しかわかりません」と答えた研修医には、院長が「潔い!それでよろしい!」と褒める場面もありました。

 

        

 

 

 

 

 

 

 

17時から始まった発表会が終わったのは20時を過ぎていました。今年は過去最高の61名もの参加者があり、病院内の「研修医への関心の高さ」が垣間見えました。
ご指導いただいた先生、熱く質問して下さった先生、優しくフォローして下さった先生、何よりもプログラム責任者の岡先生!  本当にありがとうございました。
来年はお弁当が出るように私たちも頑張ります。

 

今日の主役の研修医たち。将来のいい勉強になりましたね。本当にお疲れさまでした。

ページトップ

平成28年11月28日 もうすぐ発表会!

12月7日は研修医の症例発表会です。
初めて発表する1年次は、連日発表準備で先輩から個人レッスンです。
さてさて仕上がりはどうでしょうか?
指導医の先生方は「学習の成果」として温かい目で見守っていますので、安心して発表してくださいね。
v(^o^)v

 

 

 

 

 

ページトップ

平成28年11月27日 血管吻合ハンズオンセミナー

毎日寒くなってきましたね。今日は小雨の寒い日曜日。
鈴鹿回生病院では恒例の血管吻合ハンズオンセミナーが行われました。
これは研修医向けに、顕微鏡を使った吻合を基礎から体験して最終的には2mmの人工血管を吻合できるように、整形外科と脳神経外科の先生方が指導してくださいます。
会場には手術用顕微鏡1台とマイクロ吻合用顕微鏡12台が用意され、研修医5名と内定者6名が参加しました。

 

 

一人ひとり手を取って指導してくださいます。(嬉しい!)
  

人工血管、うっ、細い!!

 

 

後期研修医の西井先生はスクリーンに投影してデモンストレーション。(緊張!)

        

 

内定者の5名も一生懸命取り組んでいます。このセミナーをきっかけに脳神経外科に興味を持った研修医もいます。来年はどうでしょうか?

 

 

 

みんな終始和気あいあいと楽しそうです。この後の懇親会でも盛り上がったそうですよ。
森田先生、荒木先生、三浦先生、西井先生、お休みのところ本当にありがとうございました。

 

 

      

 

ページトップ

平成28年11月11日 内定者懇親会

本日は平成29年度研修医として内定している8名の懇親会です。
内定者は院長、副院長、先輩研修医に、研修ローテートや国家試験対策、アパートの情報など、いろんなこと教えてもらっていました。

 

自己紹介では、ボルダリング、卓球などそれぞれの得意技を披露していただきました。
弓道の射形では全員が見とれるほど大いに盛り上がった懇親会となりました。
 

4月には研修医として私達の仲間になる皆さん、国家試験がんばってくださいね。
全員が入職されるのを心よりお待ちしています。

ページトップ

平成28年11月3日 鈴鹿ICLS

本日は初めて鈴鹿回生病院でICLSが行われました。
ディレクターの鈴鹿中央総合病院・冨田先生の挨拶の後、すぐに3つのグループに分かれて講習開始です。
当院からは1年次の長谷川先生、益川先生が参加しました。今回、伊藤先生はインストラクターとして参加です。研修医8期生で現在は県立一志病院 総合診療科の近藤先生も久しぶりに来てくださいました。
秋晴れのさわやかな1日を蘇生トレーニングで汗を流した皆さん、お疲れさまでした。

 

ページトップ

平成28年10月20日 ★★マッチング発表★★

今日はマッチング発表の日です。
加藤院長、岡副院長、斎藤課長は朝からドキドキその瞬間を待っていました。
なかなかアクセスできませんでしたが
結果は・・なんと6年連続フルマッチです!!
来年も8名の研修医が来てくれることになりました。先輩研修医も大喜びです。

 

鈴鹿回生病院を指名してくださった未来の先生方、4月からは鈴鹿回生病院の一員として一緒にがんばっていきましょう!
 ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

ページトップ

平成28年10月16日 日本内科学会東海地方会発表

1年次の川口先生が初めて学会発表しました。指導医の松尾先生、遠藤先生の熱〜いご指導のおかげで、本番では堂々と発表し質問には自力で対応することができました。
よかったですね。お疲れさまでした(^^)

 

演題:多発単神経炎と両肺野浸潤影を伴ったANCA関連血管炎の1例

 

 

ページトップ

平成28年10月9日 第2回三重メディカルラリー

鈴鹿回生病院は今年も三重メディカルラリーに参加しました!
参加チームは県内外から18チーム。奈良県からの参加もありました。
当院のメンバーは田野先生(内科)、伊藤先生(研修医)、救急看護師の佐野さん、綿引さん、鈴鹿市消防本部の吉村さん、瀬古さん。当日は新貝先生、遠藤先生ほか、昨年のメンバーや救急外来の仲間達も応援に駆けつけてくれました。
忙しいなか、時間をやりくりして2ヶ月練習しましたが、本番では健闘するも残念な結果となりました。研修医1年目の伊藤先生には頑張っていただき、本当に大変だったでしょうが、いい経験になったと思います。今後、きっと活躍してくれることでしょう。
チームとしても結束力、モチベーションは高まり、今後の救急医療、災害医療に大いに役立つことと思います。
皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

 

メディカルラリーとは、医師、看護師、救急隊員・消防隊員からなる医療チームが仮想の災害救急現場において、模擬診療の技術を競い合う技能コンテストです。

 参加チームは限られた時間内でいかに迅速に正確に活動ができるかを評価されます。
 この競技会を通して、救急医療に携わるスタッフとの連携を深め、その知識・技術向上を図ることができるため、今後の救急災害現場活動に大きく役立つことが期待されます。

 

ページトップ

平成28年9月14日 「医師同乗救急車」研修

本日は年に一度の「医師同乗救急車」研修の日です。
これは、鈴鹿市消防本部の救急車が当院に待機して、救急事案が発生した際、研修医が救急隊員と共に救急車に同乗して現場へ向かい、応急処置後患者さんを当院へ搬送するという研修です。

伊藤先生、長谷川先生、益川先生が待機していたところ、合計3回の出動要請があり、外傷の患者さん、脱水症の患者さん等合計4名搬送いたしました。

学生の救急車実習以来ということでしたが、医師として迅速かつ適確な判断と指示、お疲れ様でした。

 

  

救急外来スタッフと ハイポーズ!

 

ページトップ

平成28年9月13日 メディカルラリー練習

今年も三重県メディカルラリーにエントリーしている回生チーム!
メンバーは田野先生(内科)、伊藤先生(研修医)、救急看護師の佐野さん、綿引さん、鈴鹿市消防本部の吉村さん、瀬古さん。
毎週火曜の夜は練習日です。田野先生のリーダーシップとDMATの新貝先生のアドバイスのおかげで、やる気も技術も急上昇!!今年は優勝狙えそうですよ!
p(*^-^*)q がんばっ♪

 

 

 

 

      

      

 

ページトップ

平成28年9月3日 学会発表

2年次の宗吉先生が日本糖尿病情報学会で発表しました!
将来は糖尿病内科を志望していますので、三重大学糖尿病・内分泌内科の先生方にご指導いただきました。
指導医の先生方、ありがとうございました。宗吉先生、お疲れさまでした。
演題 : パーソナルCGM機能つきインスリンポンプ療法(SAP)に変更し良好な血糖コントロールを得られた2型糖尿病合併妊娠の1例

 

 

 

ページトップ

平成28年8月19日 禁煙教育

本日は副院長の松島先生による禁煙教育です。松島先生は日頃から、小中学生や一般市民に向けて禁煙の啓発活動を積極的に行われています。
日本の喫煙対策は欧米諸国に比べると遅れており、医療従事者の喫煙率は高い水準だということです。研修医に喫煙者はいませんが、喫煙の健康に及ぼす影響など、熱心に聴いていました。

松島先生、ありがとうございました。

 

 

 

 

ページトップ

平成28年8月6日 大規模地震時医療活動訓練

本日は内閣府主催の南海トラフ地震を想定した大規模な災害訓練が実施され、当院では「情報伝達・収集」と「トリアージ・患者移送」の合同訓練を行いました。

8:00地震発生、安否確認メール一斉送信、訓練スタートです。
すぐに災害対策本部が設置されて、職種を考慮した班編成が行われました。
駆けつけた医師たちは「診療統括班」を編成して、研修医には「トリアージ担当」と「応急処置担当」が割り当てられました。

 

 

さっそく、病院正面玄関にトリアージエリアの設置(テント、机)を行い、いよいよ傷病者の受け入れ訓練開始です。
救急車で搬送された傷病者を緊急性、重症度に応じて4つの区分に振り分け、タグ(緑、黄、赤、黒)を付けて、それぞれのエリアへ移送します。

 

 

 

 

病院エントランスホールではタグの色別エリアに簡易ベッドが設置され、応急処置を行います。現場は次々と傷病者が移送されて、人であふれていました。
要請したDMAT隊員(大阪警察病院)が到着したので、一緒に応急処置を行うことができました。

 

 

当日は気温33度の猛暑日で参加者の熱中症が心配されましたが、給水係からお茶をもらい、無事に訓練を終了することができました。
50名の傷病者のトリアージ、応急処置、本当にお疲れさまでした。また、傷病者役を交代で行いましたので、一連の流れがよく理解できたと思います。
今回気づいた反省点を再確認して、平時から備えておきたいですね。

ページトップ

平成28年7月23日 院内ゴルフコンペ

夏らしい青空が広がった23日、鈴峰ゴルフカントリーにて院内ゴルフコンペがありました。
ゴルフ好きの医師・コメディカル・事務職員に混じってゴルフ部出身の宮武謳カが初参加しました!
院長と同じパーティーで遠慮ぎみのスコアでしたが、日頃の研修を離れて楽しい18ホールでした。
次回は優勝できるよう頑張ってくださいね〜。

 

 

 

ページトップ

平成28年7月1日 医師免許証が届きました!

全員に医師免許証が届きました。これから医師としての勉強の始まりです。頑張ってくださいね。

外科に赴任された新貝先生は日本DMAT隊員ですから、救急医療のこと、どんどん教えてもらいましょう!

 

 

 

 

 

ページトップ

平成28年6月20日〜28日 個人面談

当院では3ヶ月ごとにプログラム責任者である岡先生と事務担当の斎藤課長が、研修医全員と個人面談を行います。
研修医となって3ヶ月、研修は順調に進んでいるか、困ったことはないか、将来の希望など、親身に聴いてくださいます。

 

 

そろそろ疲れが出てくる頃です。ONとOFFを上手に切り替えて、梅雨の季節を乗り越えましょう。

 

ページトップ

平成28年6月24日 ボウリング大会

今夜は病院のボウリング大会です。過去最高の420名(職員の6割)が参加して3回に分けて開催されました。
総合優勝は脳外科の寺島先生!(スゴイ〜) おめでとうございます。
研修医トップは山中先生でした。(パチパチパチ〜)

久しぶりのボウリングでとっても盛り上がった研修医でした(^o^)

 

 

 

ページトップ

平成28年6月24日 コミュニケーション研修

本日は、岐阜大学教授の藤崎和彦先生にお越しいただいて「医療面接」の研修です。
はじめに「コミュニケーションの基本」をご指導いただいた後、2つのシナリオについて皆で作戦会議です。想定される患者さんの不安、希望は何か? 現状をどう伝えるか?

 

 

それでは、いよいよ2人ずつ実践していきます。外来の場面と入院中の場面でしたが、模擬患者さんの迫真の演技に、研修医たちは思うように話すことができません。
持ち時間の12分がとても長く感じた人、時間が足りなかった人、それぞれです。

 

研修医たちは
「患者さんの背景にどこまで踏み込んでいいのか難しかった」
「知識提供に重きをおいてしまい、患者さんのメンタルの部分を忘れがちだった」
「患者さんが求める情報を伝えつつ、不安に傾聴することは難しかった」
「患者さんによって社会的背景が違うので、その状況に応じた対応が必要だと感じた」
それぞれ、気付きがあったようですね。

 

藤崎先生は
「まずは聴くこと、踏み込むこと、そして共感すること。患者さんに向き合い、患者さんの気持ちに寄り添える医師になってください」

 

藤崎先生、ありがとうございました。

 

ページトップ

番外編 研修医OB 日本整形外科学会サッカー大会

平成28年3月 日本整形外科学会サッカー大会東海地区予選が行われました。三重大学チームとして、当院からは中空先生はじめ、研修医OBの植村先生(1期生)、千賀先生(10期生)、服部先生(11期生)が出場されました。
先生方の活躍で三重大学を地方大会「優勝」に導くことができました。

 

そして5月、日本整形外科学会学術総会に合わせて全国大会が開催されました。三重大学チームは残念ながら負けてしまいましたが、大人になっても少年のように真剣にボールを追う姿、素敵ですね。

先生方、お疲れさまでした。

 

ページトップ

平成28年6月22日 アーリーバードセミナー

おはようございます。昨日から雨が続いておりますが、研修医たちは今日も元気ハツラツ、頑張っています。
今朝は、副院長の松島先生によるアーリーバード!
テーマは「呼吸器外科的救急処置」

外傷による緊張性気胸は診断から治療まで速やかな対応が必要です。

緊急脱気、胸腔ドレナージ処置する際の位置の確認、手技、物資がないときの代替品など、詳しく教えていただきました

後半は、気管支鏡の組立て、使い方を実践しながらご教示いただきました。
応用範囲の広い携帯型の気管支鏡に研修医たちは興味津々でした。

 

松島先生は「救急現場での呼吸器対応は救命の上でも最重要項目です。研修期間中にしっかり身につけて下さい。」

ありがとうございました。

 

ページトップ

平成28年6月20日 CV研修

本日は、中心静脈カテーテル挿入研修です。
講師は副院長の岡先生。途中から渡邉先生も駆けつけてくださいました。

まず、ビデオで勉強してから一人ずつIVHセットを手に持ち、いざ実践!
エコーで場所をCheckしながら静脈を確認。
次に試験穿刺。静脈血が逆流するかな? きた〜!
いよいよ本穿刺。ガイドワイヤー挿入。カテーテルを挿入。

 

 

  

四苦八苦しながら、全員挿入することができました。モニターを見る目の真剣なこと!
今日は学生さんも一緒に実習しましたよ。(ラッキー!!)

岡先生は「動脈の誤穿刺や気胸など合併症の危険を伴います。細心の注意を払って処置にあたってください」
ありがとうございました。

 

ページトップ

平成28年6月17日 病院説明会

6年生の学生さんにとって、「どこで初期研修を行うか」悩める季節となりました。
そんな学生さんをお誘いして食事をしながらの説明会を行いました。
当日は院長、副院長、研修医2年、1年も参加してざっくばらんな説明会となりました。
また、感じのいい、元気な学生さんばかりで院長を囲んで大変盛り上がりましたよ。

「いい先輩といい後輩」鈴鹿回生病院の臨床研修は脈々と受け継がれています。
さらに、研修内容も毎年レベルアップしていきます。

是非とも鈴鹿回生病院で「満足できる2年間」を過ごしていただきたいです。

 

 

 

ページトップ

平成28年6月15日 第22回 生命の駅伝「がんを知り、がんと向き合う」

第7日目の今朝、名張市民病院を出発したランナーの皆さんが、本日のゴールである鈴鹿回生病院に午後5時に到着しました。
病院玄関前では副院長はじめ、入院患者さんや研修医、看護師等、多くの人が拍手で出迎えました。
当院からは研修医の川口先生、薬剤師の佐々木さん、粟野さん、看護師の福尾さん、事務の伊東さんがランナーとして参加しました。

 

 

 

陸上部の川口先生はさすが余裕の様子。もっと走りたかったようですから、来年も是非参加してくださいね。
皆さん、お疲れさまでした。

 

 

 

鈴鹿回生病院は「生命の駅伝」を応援しています。

 

ページトップ

平成28年6月15日アーリーバードセミナー

おはようございます。
今朝は消化器内科の堀池先生のアーリーバードです。
テーマは「上部消化管エコー」

被検者はいつもお世話になっている人事課長の斎藤さん!

それでは、堀池先生にルーティンの順に教わりながら実践していきましょう。

・患者さんの呼吸をコントロールする。
・肋間の方向に沿って力強くプローブをあてる。
・あてた位置から手首を使って扇状に倒しこむ。
など、即実践できる内容をご指導いただきました

 

 

 

堀池先生は「回数をこなすことで上達します。積極的に取り組みましょう」

 

 

 

斎藤課長は「皆さんプローブの押し加減が遠慮のためか弱く感じました。もう少し強く押し当てたほうがいいですね」


8名全員が実習するのは大変でした。堀池先生、斎藤課長、ありがとうございました。

 

ページトップ

平成28年6月11日 美化運動

梅雨の合間の晴れ間が広がった土曜日、今日は絶好の美化運動日和です。職員160名が参加して病院敷地内のごみ拾い、草取りを行いました。

副院長の齋藤先生の「病院を美しくするとともに、親睦の輪をひろげましょう」の挨拶を合図に一斉に作業にとりかかります。
(齋藤先生のTシャツは「回生フットサルチーム」のユニホームです! カッコイイ!!)

 

 

初参加の研修医たちも脳外科の寺島先生と一緒にゴミ袋いっぱいの草を取りましたよ。

 

終了後は、院内ベーカリーの美味しいパンとジュースをいただき解散となりました。
ご協力いただいた職員の皆さん、ちびっ子のみんな、ありがとうございました。

ページトップ

平成28年6月8日 アーリーバードセミナー

今朝は脳卒中センター長の金丸憲司先生によるアーリーバードセミナーです。
テーマは「脳腫瘍」
脳腫瘍の手術映像を見ながら詳しく解説していただき、内臓から転移する癌とその治療方法もご教示いただきました。

また、「背骨に転移した癌」の症例から「患者さんの痛みを取り除き、QOLを維持する」ことがいかに重要であるかを教えていただきました。

 

 

金丸先生から一言、「何事にも積極的に取り組んでほしい」。

金丸先生、ありがとうございました。

 

ページトップ

平成28年5月25日 アーリーバードセミナー

今朝は、病院長の加藤公先生(整形外科)によるアーリーバードセミナー!
テーマは「スポーツ整形とRICE処置」。

 

 

スポーツによるケガを症状別に処置方法を詳しく教えていただきました。また、加藤先生がこれまでに治療されたスポーツ選手の貴重なお話も伺えてとても楽しい講義となりました。

 

加藤先生、ありがとうございました。

ページトップ

平成28年5月20日 人工呼吸器研修

本日は臨床工学技士による人工呼吸器の研修です。基本操作、パネルの見方、注意点を教わった後、実際に操作してみました。

 

次に、一人ずつマスクを装着してみると「けっこう苦し〜い!」「息が吐けない!」という感想でした。患者さんが苦しい思いをしないように、患者さん毎に適切な設定をしてくださいね。

 

臨床工学技士の馬場さん、田中さん、ありがとうございました。

集合写真撮影の合間には、こんなお茶目なポーズをしてくれる元気な8名です。
よろしくお願いします!

ページトップ

平成28年5月19日 読影研修A

本日は、みんなのお楽しみ読影研修パート2「腹部CT」です。
まず単純CTで病変部位を探し、併せて造影CTも見ていきますが、なかなか見つけられません。
濱田先生は「探せないときは、順番に構造物を一つひとつ丁寧に見ていきましょう」とアドバイスいただきました。
みんなの真剣な眼差し、素敵ですね。お疲れさまでした。

 

 

ページトップ

平成28年5月19日 医療安全管理室会議

本日は医療安全管理室会議に、研修医代表として初めて伊藤先生が出席しました。
会議では最近のヒヤリハット事例について討議します。

 

伊藤先生は「問診表を絵で表現したら患者さんもわかりやすいと思います」と発言していましたよ。初参加、お疲れさまでした。

今後、研修医は毎月交代で出席します。来月は誰が出席するのでしょうか? お楽しみに〜

 

ページトップ

平成28年5月18日 アーリーバードセミナー

今年も始まりました「アーリーバードセミナー」!
当院では、毎週水曜日朝7時30分から指導医による各分野の勉強会が行われています。
トップバッターは附属クリニック院長の田中公先生(血液内科)です。
テーマは「白血病と日本人のルーツ」。

 

「君はどこから来たの?」
HTLV-1の世界的分布から日本人のルーツを読み解くことができ、血液をたどると人類のあゆみまでわかると教えていただきました。研修医たちは興味深く聞いていましたよ。

 

田中先生は「病気を通して色々なことを見よう」
田中先生、ありがとうございました。

 

  

 

ページトップ

平成28年5月12日 接遇研修

本日は接遇講師の浜田先生によるマナー研修です。
「笑顔の大切さ」を学んだ後は、実際に鏡を使って「スマイルトレーニング」です。
口角あげて、歯を10本見せて、smile!なかなか、むずかしい!鏡の中の自分と格闘です。

 

難度の高いマスク着用スマイルでは益川先生の笑顔、素敵ですね。

  

 

気持ちの良い挨拶、優しい笑顔、整った身だしなみで、さあ がんばっていきましょう!

ページトップ

平成28年5月5日 東海北陸病院説明会

風薫る5月がやってきました。
本日はポートメッセ名古屋の病院説明会に出展いたしました。
連休で帰省していた多くの学生さんが当院のブースに立ち寄って話をきいてくれました。
三重県ブースでは「みっぷる」ちゃんが、皆さんをお出迎えしていましたよ。

 

研修医2年目の宗吉先生、1年目の猪飼先生、大矢先生、長谷川先生は笑顔でアピール!
整形外科志望の学生さんには加藤院長が、内科志望の学生さんには岡副院長が自ら熱心に説明してくださいました。

 

 

お越しいただいた学生の皆さん、ありがとうございました。
「百聞は一見にしかず」ですよ。
実際に見学に「来て・見て・聞いて」鈴鹿回生病院の雰囲気を感じとってください。
お待ちしていま〜す。

 

ページトップ

平成28年4月28日 読影研修

本日は放射線科の濱田先生に脳梗塞診断に欠かせない「CTの読み方」を教えていただきました。
1人ずつ画像を見ながら病巣を探していきますが、なかなか見つけられません。
濱田先生は「血管内の血栓」や「脳の浮腫」の見つけ方を詳しく解説してくださいました。

研修医からは「毎日でも教えてもらいたい」との声があがっていました。

 

 

濱田先生は 「初期の脳梗塞は単純CTで読めるようにしてください。当院には脳卒中センターがあり、24時間体制でMRIが施行されますが、他の施設ではそうはいきません。そのためCTを読影できる力を身につけてほしいです。」

 

濱田先生、ありがとうございました。

ページトップ

平成28年4月22日 採血

今朝は抗体価を測るために全員が採血。
血液内科の田中先生も見守る中、2人1組で駆血帯、スピッツ、シリンジ等、採血セットを準備して、いざ!

駆血帯 → 血管選び → チクッ

 

 

手が震えちゃいますよね。駆血帯の締め方も難しいし。今はビギナーですが、そのうち上手になるから大丈夫ですよ。皆さん、お疲れさまでした。

ページトップ

平成28年4月19日 腹部エコー研修<第1班>

本日は腹部エコー研修です。
まず技師の石熊さんから基本のプローブの「持ち方」「走査方法」「押し加減」、画像の診かたを教わり、その後は順番に実習です。
被検者の川口先生の「バキバキの腹筋」に驚きながら、スムーズに腎臓、胆のうへと進みます。「ここはプローブを縦に持って」具体的なアドバイスに研修医たちも大満足です。
被検者を交代して和気あいあいと実践的な研修となりました。

 

 

岡副院長は「救急当直の際には、胆のうと腎臓は確実に出せるようにしましょう」
石熊さんは「大切な医療機器ですから丁寧に取り扱ってください」
先生方、ありがとうございました。

ページトップ

平成28年4月15日 縫合研修

本日は外科の岩佐先生に縫合をご指導いただきました。
まず器具の説明、縫合の仕方を講義いただき、先生のお手本を見学した後、それぞれが縫合・糸結びのシミュレーターで実習です。
岩佐先生は一人ひとりを回って丁寧に手を取って教えてくださいました。

 

岩佐先生は「練習を重ねて、考えなくても手が動くようになるまで頑張ってください」

岩佐先生ありがとうございました。


ページトップ

平成28年4月13〜14日 ICLS

2グループに分けて2日間、内科の渡邉先生・遠藤先生にICLSをご教示いただきました。
はじめに渡邉先生の講義を聞いた後、2名1組で実習に移りました。

 

 

蘇生法のグループは、圧迫部位の確認、力加減、速さ、EC法など、具体的に教えていただきながら全力で心臓マッサージです。

 

除細動の使い方・気管挿管のグループは、お手本の後それぞれ実習しますが、挿管が上手くできません。コツを丁寧に教えていただきながら、汗だくの実習となりました。

 

渡邉先生は「質の高いCPRの継続が大切。あなたのその手が患者さんを助けます」
遠藤先生は「救急外来での働きに期待しています」
渡邉先生、遠藤先生、ありがとうございました。


研修医の先生方、全力での実習お疲れさまでした。


ページトップ

平成28年4月12日 救急外来での初期固定法

本日は整形外科の中空先生による初期固定法の研修です。
鎖骨固定、肋骨固定、膝関節固定、四肢固定をご教示いただきました。

 

 

バストバンド締めすぎ〜!         山中先生、シーネ固定上手にできました!
 

 

足関節固定、締め具合が難しい!        地味な包帯巻き作業も頑張ります。
 

 

最後はおさらいで中空先生を固定しちゃいます。皆さん、上手にできました〜。

 

中空先生は、「整形外科の先生が当直のとき、救急外来で積極的にやってみてください。初期固定することで患者さんの痛みを少しでも軽減することができます」

中空先生、ありがとうございました。


ページトップ

平成28年4月11日 内科研修スタート

本日から内科にて臨床研修がスタートします。
朝、6A病棟の内科ミーティングでそれぞれの担当指導医が発表され初顔合わせでした。

さっそく一緒にカルテを確認する先生、回診に付いていく先生、皆緊張の面持ちです。

さあ、がんばりましょう!


ページトップ

平成28年4月8日 集合研修最終日

集合研修は本日で終了です。

今夜から当直が始まり、11日(月)からは、内科にていよいよ臨床研修スタートです。 頑張ってくださいね。

 

●電子カルテ研修

SEから電子カルテの基本的な操作を聞いた後、薬剤管理課、放射線課、臨床検査課の課長から「オーダリングの仕方」を詳しく教えていただきました。 覚えることばかりで大変ですが、大事なことはメモをしっかり取りながら和気藹々と研修しています。


●注射研修
看護部の注射研修に合同参加しました。
採血、点滴静脈注射をシミュレーターで実習したあと、実際に新人同士で採血を行いました。
グループの人が見守る中、緊張して肩に力が入ってしまい汗だくの研修となりました。
経験によって少しずつ上手になるから大丈夫ですよ。

 

 

●N95マスク装着練習
ミニ講習会として感染症予防のため「N95マスク」の適正な装着方法を教わり、一人ずつフィットテストを行いました。正しく装着できたのでハイポーズ!

 

 

ページトップ

平成28年4月6日 鈴鹿市長来訪

鈴鹿市の末松則子市長にお越しいただき、「若い皆さんが地域医療の現場で活躍されることを期待しています」と励ましのお言葉を賜りました。

 


ページトップ

平成28年4月1〜6日 新人オリエンテーション

研修医も他職種の新人と一緒に4日間のオリエンテーションに参加しました。
グループワークを多く取り入れた研修ですので、年齢も職種もまったく異なる職員と交流したことで「連携する」「協働する」意識が生まれたようです。
職種は違っても同期ですから、今後もコミュニケーションをとって皆で成長して、鈴鹿回生病院を盛り上げてほしいですね。研修内容を少しご紹介します。

●感染対策研修
手洗い実習では、「爪の間」や「手の甲」の汚れがなかなか落ちません。3回も洗い直す研修医もいました。
エプロン、マスク、手袋の着脱も正しく教えてもらい、ハイポーズ!

 


●AED研修
救急外来の看護師と臨床工学技士によるAED研修。
9体のダミー人形とAEDトレーナーを配置し、各グループの研修医がリーダーとなりました。救急のベテラン看護師と研修医の指導で、グループ全員がスムーズに心臓マッサージを行うことができました。

 

 

●グループディスカッション
グループ毎に与えられたテーマを皆で相談し、模造紙に書いて発表しました。
「予算は無限」という設定の中で
・みんなで病院を作りましょう
・5人のアイドルグループをプロデュースしてください
・来年の新人研修を企画してください  等々

ワイワイ・ガヤガヤ自由な発想の下、「素晴らしい病院」「是非とも参加したい新人研修」を企画してくれました。

1つでも実現できたらいいなと考えています。

 

ページトップ

平成28年4月1日 入職式

350本の満開の桜が迎える中、52名の新入職員が鈴鹿回生病院に入職しました。
入職式では加藤病院長から「若くて新しい風を吹き込んで、皆で鈴鹿回生病院を熟成させていきましょう」と祝辞を頂いたあと、新入職員を代表して研修医の宮武謳カに辞令が手渡されました。

 


式後は52名の新人全員と4日間の全体研修会に参加します。
さぁ、がんばっていきましょう!


ページトップ

平成28年3月31日 旅立ちの季節

春は別れと出会いの季節です。
先生方、2年間本当にお疲れさまでした。
明日から新しい環境でお元気に頑張ってください。
そして、再び鈴鹿回生病院へ戻って来られることをお待ちしています。

 



ページトップ

平成28年3月23日 新研修医オリエンテーション

4月に入職する8名のフレッシュな初期研修医の事前オリエンテーションを行いました。

健康診断、写真撮影、研修生活の説明、ローテーションの決定、研修医室の席決め等で1日過ごしたあと、研修管理委員会に出席し自己紹介しました。


修了する2年次、1年を終えた1年次、これからの新1年次、総勢19名が勢ぞろいしました。
皆さん、それぞれの思いを胸に新しい場所でがんばってくださいね


ページトップ

平成28年3月23日 研修修了証授与式

本日は研修管理委員会が開催され、無事に11期生5名全員の研修修了が決定しました。
外部委員の済生会松阪総合病院副院長の長沼達史先生より、「研修医手帳への記載がたいへんよくできています」とお褒めの言葉をいただきました。
苦労の甲斐がありましたね。


続いて修了証授与式へと移り、院長から一人ひとりに修了証と記念品としてロゴマーク入りの白衣が授与されました。

「病院すべての方にお世話になりました」「一人前になって戻ってきたいです」「充実した2年間を過ごせました」「同期と支えあって乗り越えられました」「これからも精進していきたいです」修了する5名がそれぞれの感想を述べました。

医師としての大切な最初の2年間、苦しいこと、辛いこともあったと思いますが、本当にお疲れさまでした。4月から、それぞれの新しい道へ邁進してくださいね。
心から応援しています。


ページトップ

平成28年3月21日 MMC病院合同説明会

本日は、メッセウイング津で行われたMMC病院合同説明会に参加しました。

風の強い肌寒い日でしたが、なんと55名の学生さんが当院ブースへ来てくださいました。
実習や見学に来てくれた学生さんとの再会もあり、和やかな雰囲気の説明会でした。

ブース内では、18日に合格したばかりの新研修医8名と現1年次6名が、新調したお揃いのスクラブを着て熱心に説明してくれました。

 

学生の皆さん、「百聞は一見にしかず」ですよ。是非、見学に来てください!
実際に「来て・見て・聞いて」回生病院を体感してください!
イキイキと働く研修医の姿を見たら、きっと回生病院で研修したくなりますよ!
待ってまーす (^▽^)/

その後の懇親会では4名の副院長も参加されて、楽しい一時を過ごすことができました。
みなさん、お疲れさまでした。来年もフルマッチめざしてがんばりましょう!


ページトップ

平成28年2月20日 第7回愛知メディカルラリーにて8位入賞

愛知県瀬戸市の公立陶生病院にて第7回愛知メディカルラリーが開催されました。
三重大会に引き続き「回生病院チーム」として、内科の遠藤先生、研修医2年次の結城先生、救外看護師の田中さん、三浦さんが鈴鹿市消防の橋本さん、中邑さんとチームを組んで出場しました。
自衛隊も参加する大掛かりな災害現場(仮想)でしたが、日頃の技術を駆使して優秀な成績を収めました!サイレンがなり響き、爆発音もする緊迫した状況の中で冷静に対処する姿に感動しました。
みなさん、お疲れ様でした。


メディカルラリーとは、医師、看護師、救急隊員・消防隊員からなる医療チームが仮想の災害救急現場において、模擬診療の技術を競い合う技能コンテストです。 参加チームは限られた時間内でいかに迅速に正確に活動ができるかを評価されます。
 この競技会を通して、救急医療に携わるスタッフとの連携を深め、その知識・技術向上を図ることができるため、今後の救急災害現場活動に大きく役立つことが期待されます。


ページトップ

平成28年2月20日 三重卒後臨床医学会 優勝・準優勝!

第12回三重卒後臨床医学会で1年次の早川先生が優勝、池田先生が準優勝しました!!
内容、スライドともにダントツで、すばらしい発表でした。
二人のダブル受賞に、指導医の岡先生、荒木先生も誇らしげな表情ですね。

 

 

「先生方のご指導のおかげです」「二人で受賞できてよかったです」
コメントからも鈴鹿回生病院の「きめ細かい指導」と「研修医同士のチームワーク」の良さがわかりますね。
ご指導に関わられたたくさんの先生方、受賞したお二人、本当にお疲れ様でした。


   

演題
早川「破裂急性期にステント併用コイル塞栓術を施行した両側解離性椎骨動脈瘤の一例」

池田「H.pylori初感染による急性胃粘膜病変AGMLを呈した一例」


ページトップ

平成28年2月15日、17日 穿刺トレーニング

2日間にわたり、シミュレーターを用いて穿刺トレーニングを行いました。

15日は腰椎・硬膜外穿刺です。
脳外科・三浦先生のお手本の後、それぞれがトレーニングです。これまでに全員が経験済みでしたが、改めてコツや注意点を詳しく教えていただきました。

4月から麻酔科へ進む2年次・高倉先生からも普段は上級医には聞きにくい事を教えてもらい、充実した研修となりました。

 

17日は心嚢穿刺です。
循環器・斎藤先生の講義の後、めったに経験しない心嚢穿刺を全員がトレーニングしました。

 

次に検査技師による心エコー研修へと移り、心臓を画像描出する際のルーティンを教わりました。初めての心エコー実習で、ベテラン技師さんの操作にくぎ付けです。

 

最後は2年次・服部先生による勉強会となり、救急外来におけるエコーの基本をおさらいしました。充実したトレーニングができて、参加した10名の研修医たちは大満足でした。


ページトップ

平成28年2月11〜13日 第28回日本肘関節学会

岡山コンベンションセンターにて第28回日本肘関節学会が開催されました。
今回初めて研修医2年次の加藤次朗先生が発表しました!
当日は共同研究者の森田副院長も駆けつけてくださり、先輩の米田先生も発表されたので、心強かったことでしょう。

 

 


演題
米田 「受傷数ヶ月後に治療を行った肘頭骨折偽関節の一例」
加藤 「橈骨頭に生じた離断性骨軟骨炎の二例」


ページトップ

平成28年2月4日  合格祈願

いよいよ6日から医師国家試験です。
内定者全員が4月に初期研修医として入職できるよう、理事長、クリニック院長、事務長が椿大神社へ合格祈願に行きました。
先輩研修医も応援しています。みなさん、頑張ってください!

 


 

ページトップ

平成28年1月23日 三重ジョブ・キッズキャラバン

職業体験を通じて、子どもたちが社会の仕組みを学ぶ県主催のイベント「三重ジョブキッズキャラバンin鈴鹿」が鈴鹿サーキットで開かれ、延べ450人の小中学生が地域の特色ある産業を体験しました。

「研修医の仕事」のブースでは2年次の川村先生が、内科で問診・血圧測定、外科で包帯の巻き方、救急でAEDを用いた心臓マッサージを指導しました。

 


 
 白衣を着て聴診器を手にすると、子ども達は目を輝かせて川村先生の指導を熱心に聴いていました。

 

中には、「心臓マッサージで強く圧迫すると肋骨が折れませんか?」と質問する子もいて、「緊急時は命を救うことを優先します」と川村先生は丁寧に答えていました。

  

参加者の中から未来の研修医が生まれてくるといいですね。
川村先生、ありがとうございました。

ページトップ

平成28年1月20日 新年会

恒例の新年会がスズカサーキットで行われました。 部署対抗の出し物では皆がノリノリ、大笑いで鈴鹿回生病院の1年がスタートしました。

 


研修医たちも楽しいダンスを披露して拍手喝采をあびていました。
忙しい合間に練習した甲斐がありましたね。お疲れ様でした。


ページトップ

平成28年1月13日 ポスターの写真撮影

本日はプロのカメラマンによる写真撮影を行いました。 女性を中心にドラマのワンシーンのような写真が撮れましたよ。来年のポスター、パンフレットが楽しみです。医学生の皆さん、期待していてくださいね。

 


 

ページトップ

平成27年12月13日 鈴鹿シティマラソン

気温15度と天候に恵まれた鈴鹿サーキットで、シティマラソンが行われ、F1マシンが走る世界最高峰のコースを多くのランナー達が駆け抜けていきました。

 


医科学相談コーナーでは、森田副院長はじめ、整形外科、内科の先生方が、ランナー達の相談に応じていました。

 

 

救護室では、研修医の加藤先生、佐々木先生が体調不良を訴えたランナー、負傷したランナーの手当てに大活躍でした。

 

先生方、看護師の皆さん、お疲れ様でした。

ページトップ

平成27年12月7日 「症例発表会」優秀賞決定

11月20日に行われた症例発表会の優秀賞が決定しました!

全ての項目で高評価を得た早川先生が最優秀賞に、2位の池田先生が優秀賞に選ばれ、朝礼で院長から賞状と記念品のスイーツが贈られました。


お二人には2月に行われる三重県研修医学会で当院を代表して発表していただきます。
がんばってくださいね。

(早川先生は他病院をローテート中で、表彰式は残念ながら欠席でした。)


ページトップ

平成27年12月2日(水) 四日市中央工業高校サッカー部 メディカルチェック

今年も全国高校サッカー選手権大会の季節がやってきました。32回目の出場を決めた四日市中央工業高校のサッカー部員30名が、メディカルチェックを受けに当院にやってきました。
当日はスポーツドクターの中空先生、西村先生、植村先生のほか、当院修了の千賀先生、研修医の
服部先生が、選手の健康状態を一人ひとりチェックしてくださいました。


空き時間には、トレーナーの北村先生からストレッチ指導もあり、柔軟性はケガの予防と競技力向上に重要であると教えていただきました。

お忙しいなか、加藤院長も駆けつけてくださり、最後はみんなで記念撮影。
四中工のみなさん、がんばってくださいねー


ページトップ

平成27年11月29日 第1回血管吻合ハンズオンセミナー

脳神経外科の三浦先生発案の下、森田副院長(整形外科)、荒木副院長(脳神経外科)がハンズオンセミナーを開催して下さいました。

当日は手術用顕微鏡1台とマイクロ吻合用顕微鏡12台が用意され、研修医8名と内定している医学生5名が参加しました。

デモンストレーションによる講義の後、全員が1〜2oの人工血管を用いて顕微鏡下で血管吻合を体験しました。

 


脳神経外科と整形外科の先生方が、一人ひとりを丁寧に教えてくださる貴重なセミナーに、参加者たちは熱心に取り組んでいました。


 

セミナー後の懇親会も盛り上がったそうですよ。
先生方、お休みのところ、ありがとうございました。

 

ページトップ

平成27年11月20日 第12回症例発表会

今年も症例発表会が行われ、1年次6名、2年次5名が研修中に経験した症例を発表しました。
2年次の先生は、矢継ぎ早の質問にも堂々と応じて成長が感じられました。
初めての1年次も素晴らしい発表で、指導医から高評価を受けていました。


今回はコメディカル職員も見学に来てくれて、薬剤管理課の木村課長から「薬剤師にとっても勉強になる症例発表会でした」と感想をいただきました。

 

皆さん、お疲れ様でした。

 

ページトップ

平成27年11月14日 第一回三重メディカルラリー

医師、看護師、救急救命士で編成したチームが救護活動の技術を競う「メディカルラリー2015」が津市消防本部と三重中央医療センターで開催されました。
メディカルラリーでは、仮想の災害現場で制限時間内にトリアージし、処置を施す技術を競います。
当院からは、遠藤先生(内科)、結城先生(研修医)の女性医師ペア、看護師の田中、三浦の救外ペア、救急救命士の橋本、中邑の鈴鹿市消防ペアが6名でチームを組んで出場しました。
当日は8つのシナリオに挑戦しましたが、残念ながら惜敗となりました。リベンジを誓っていますので、今後に期待しましょう!皆さん、本当にお疲れ様でした。



ページトップ

平成27年11月13日 マッチング内定者懇親会

マッチング内定者8名を祝う懇親会があり、総勢23名が集まりました。 一発芸で場を盛り上げてくれる人もいて、楽しい懇親会となりました。来年は賑やかな研修医室になりそうです。 国試に向けてがんばってくださいね。8名全員が合格できることをお祈りしています。



ページトップ

平成27年10月28日 アーリーバードセミナー

本日は朝7時30分から、名誉院長の藤澤先生に「手の外科における外来診療のポイント」について講義していただきました。研修医からは「CM関節症について」の質問が出て、活発な研修となりました。
藤澤先生は 
「正確な診断は丁寧な予診(5W1H・・・who ,what ,when ,where ,why how) 視診・触診によって可能である。このとき患者さんの目を見て問診をすれば信頼関係ができ治療効果も上がります。特に運動器を扱う整形外科や上肢外科領域においては大切です。」
藤澤名誉院長、ありがとうございました。



ページトップ

平成27年10月25日 日本内科学会 第227回東海地方会

研修医1年次3名が内科学会で発表しました。
池田先生は『初めての発表で緊張しましたが、とても良い経験になりました。指導医の先生方ありがとうございました。とても心強かったです。』

 

ページトップ

平成27年10月22日 マッチング結果発表!

本日14時に全国一斉に研修医マッチング発表がありました。
人事課長が何度もアクセスし、やっと14時25分に画面に到達しました。
なんと!
5年連続 フルマッチです!!

鈴鹿回生病院を指名してくださった8名の未来の研修医の先生方、ありがとうございました。 4月からは鈴鹿回生病院の一員として一緒にがんばっていきましょう! ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

ページトップ

平成27年9月17日 アーリーバード

本日は脳神経外科の三浦洋一先生に「脳卒中診療で知っておいてほしいこと」について講義していただきました。
研修医からは、「MRIの読影について」「救急での問診の仕方」など積極的な質問が出ました。

三浦先生からは、5年目、10年目くらいになると他の人から物事を聞くということが減ってくるし、聞きにくくなるので、それまでに色々な人からいろいろな事を教えてもらって下さい。他の人ができないことをサッとできるようになるとそれが強みになり一目置かれますよ。

ページトップ

平成27年7月 赤ちゃん誕生

2年次の川村先生がパパになりました。
感想を一言
「一つひとつの仕草がかわいくて、どういうふうに成長していくのか楽しみです!」
パパ、がんばってね!


ページトップ

平成27年8月20日 モルドバ共和国手術支援 報告会

脳卒中センター長の金丸先生が今年も東ヨーロッパにあるモルドバ共和国へ手術支援に招かれました。東欧の医療や研修医の様子の他、ダンスパーティー、ワインセラーのお話しなど、楽しく教えて下さいました。研修医からも質問が出て、活気ある報告会となりました。


金丸先生は「何事にも前向きに取り組みましょう」 金丸先生ありがとうございました。

ページトップ

平成27年8月10日 「医薬品安全管理・抗菌薬適正使用」講習会

本日は、薬剤管理課長(感染制御専門薬剤師)の木村先生と、認定薬剤師の佐々木先生による講習会でした。
医薬品については医学部2年次に学習して以来でしたが、要点をまとめてコンパクトに構成された講義でしたので、よーく理解できたようでした。


木村先生は 「医薬品に関する事故やヒヤリ・ハット報告は多いため、電子カルテでの薬品選択時や薬品名・投与量などの口頭指示では十分注意が必要です。また、耐性菌の発現を抑制し、より安全で有効な治療効果を得るためにも、適切な薬剤を選択し、投与量や投与間隔などPK/PDを考慮した投与を行ってください。」


木村先生、佐々木先生、早朝からありがとうございました。

ページトップ

平成27年7月8日 中心静脈カテーテル(CV)挿入研修

本日はCV研修です。
まず最初に感染管理認定看護師から感染防護具の説明を受けました。
次に器具や手順の確認をしてから1人ずつ実践していきます。


渡邉先生(血液内科)の熱血指導に全員集中して聞いています。



外科系志望の早川先生は初めてのCV挿入でもスムーズです。

  実習中の医学生も一緒に注射の練習です。

岡副院長からは 「動脈の誤穿刺や気胸などの合併症を併発することがあるので細心の注意を払って処置にあたる必要があります。」 みなさん、お疲れさまでした。
ページトップ
医師免許証が届きました!

これまでは医学部入学、医師国家試験合格に向けて勉強してこられた研修医の先生たち。
今後は、医師としての勉強の始まりです。「患者さんのために」がんばって下さいね!

ページトップ
平成27年6月22日〜6月29日 個人面談

1年次、2年次が1人ずつ岡副院長と面談です。
研修のこと、進路のこと、困っていること、何でも相談に乗ってもらえます。
みんな元気に研修している様子に私たちもホッとしています。

ページトップ

平成27年6月 赤ちゃん誕生

2年次の高倉先生がパパになりました。
出産に立ち会って本当に感動したそうです。
パパ、がんばってね!

ページトップ

平成27年6月18日〜20日 第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会

2年目の研修医、服部先生が「第7回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会」に参加しました。
当日は当院修了生の千賀先生が発表され、院長はじめ整形外科スポーツドクターも応援に駆け付けました。

ページトップ

平成27年6月19日 コミュニケーション研修

梅雨の晴れ間が広がり、窓の外は新緑の美しい季節となりました。
本日は岐阜大学医学教育開発研究センターの藤崎和彦教授にお越しいただき、医療コミュニケーションを教えていただきました。
先生の笑顔と楽しいお話に皆引き込まれ、グループワークでは久しぶりに同期の仲間との話がはずみました。
ロールプレイでは、模擬患者との面接でBad newsの伝え方など、詳しくフィードバックしていただき研修医たちはとても勉強になったようです。



藤崎先生は
「きちんと患者さんと向き合い、それぞれの状況に応じた対応ができるスキルを身につけて、患者さんの気持ちに寄り添える医師になって下さい。」
藤崎先生、ありがとうございました。

ページトップ

平成27年6月10日 第5回アーリーバードセミナー

本日は脳卒中センター長の金丸憲司先生に「脊椎疾患の手術症例」について講義していただきました。
研修医からは「救急外来で脳疾患の鑑別のしかた」「椎弓形成術に使う金丸式スペーサー」「脳外科と整形外科の手術の違い」など質問が出て、活発なセミナーとなりました。




金丸先生は
「教科書よりも患者さんから病気を学ぶこと」
金丸先生、ありがとうございました。

ページトップ

平成27年5月28日 縫合研修

本日は外科の岩佐先生による縫合研修です。
器具の使い方、糸の結び方などお手本を示して丁寧にご指導いただきました。




岩佐先生は「基本的な手順や型を覚えたら繰り返し練習して、考えなくても正しい操作を出来る様になりましょう。そうなれば一人前ですよ。」

岩佐先生、ありがとうございました。

ページトップ

平成27年5月21日 がん研究を支援する「生命の駅伝」



クリックすると生命の駅伝のHPへジャンプします。

「第21回 生命の駅伝」のランナーが午前9時に桑名東医療センターを出発して、午後4時に当院に到着しました。
研修医たちも玄関前で、大きな拍手で出迎えました。
ランナーの皆さん、お疲れさまでした。
鈴鹿回生病院は「生命の駅伝」を応援しています!

ページトップ

平成27年5月14日 接遇研修



本日は接遇講師の浜田果歩先生をお招きして接遇研修でした。
医療スタッフとしての基本マナーを中心に鏡を見て「スマイルトレーニング」を行いました。
どんな時も笑顔を忘れずに患者さんに接していきたいですね。
1か月ぶりに同期の仲間が集まり、楽しいひとときでした。

ページトップ

平成27年5月13日 第1回アーリーバードセミナー

当院では毎週水曜日7:30 〜 8:30にアーリーバードセミナーが行われ、指導医がそれぞれのテーマで講義して下さいます。
第1回はクリニック院長 田中 公先生(血液内科)の「白血病と日本人のルーツ」です。
はるか縄文時代まで遡り「HTLV-1」からみた日本人のルーツを教えていただきました。

初めて耳にする内容ばかりで、研修医たちの知識の引出しが1つ増えました。
田中クリニック院長、ありがとうございました。

ページトップ

平成27年5月8日 ER研修

本日は三重大学救命救急センターの山本先生にお越しいただきER研修です。
今朝のER症例をもとに、皆で鑑別診断を行います。





まず患者さんの症状を発表します。

(発表に必要な項目や手順まで、丁寧にご指導いただきました。)



「考えられる疾患」と「どんな検査がしたいか」 皆でディスカッションします。

大事なポイントは
すぐにメモ!

 


 


CT結果から鑑別診断に到ります。


今回は「ドクターG」さながらの疾患想起トレーニングができました。
山本先生、ありがとうございました!!

ページトップ

平成27年5月6日 東海北陸地区病院合同説明会

風薫る5月となりました。連休最終日の5月6日、東海北陸地区病院合同説明会に参加しました。
場所はポートメッセなごやです。
連休で帰省していた学生さんが大勢、北海道大学から琉球大学まで当院のブースに立ち寄り、話を聞いてくれました。



「分かりやすく伝えよう」と一生懸命な2年目 加藤先生と1年目 池田先生。
「1年間で、こんな事ができるようになります」と実感がこもっています。


1年目の板橋先生、池田先生、早川先生。
熱心に、そして笑顔で、当院をアピールしています!


自らも学生さんの勧誘に動いて下さった加藤院長、岡副院長、研修医の先生方、お疲れ様でした。
当院ブースへお越しいただいた学生の皆さん、ありがとうございました。「百聞は一見にしかず」です。ぜひ病院見学に来て下さい。待ってまーす^-^

ページトップ

平成27年4月30日 腹部エコー研修


本日は腹部エコーの研修でした。
まずは技師さんから基本のプローブの使い方、画像の診かたを教えていただきます。
今日は実習生さんも一緒に学習します。


それでは順番にやってみましょう。
プローブの「持ち方」「走査方法」「押し加減」など、岡副院長より「ここは、こうやって」と直接ご指導いただきます。


救急当直の際には、胆のうと腎臓は確実に出せるようにしましょう。


被検者チェンジして、和気あいあいと実習が進みます。


技師の石熊さん、ありがとうございました(^^

ページトップ

平成27年4月30日 放射線科 読影研修

本日は放射線科の田先生に急性期脳梗塞診断に欠かせないCT、MRIの画像の診かたを教えていただきました。




「血栓と石灰化のCTでの見え方の違い」など丁寧な説明に研修医たちは、食い入る様に画像を見つめます。

研修医は1人ずつ問診内容から画像を診ていきますが、なかなか病巣を見つけられません。
田先生は「当院は脳卒中センターがあり、24時間体制でMRIが施行されますが、他の施設ではそうはいきません。そのためCTを読影できる力を身に付けてほしいです。」
田先生、ありがとうございました。

ページトップ

平成27年4月21日 勉強会 〜水電解質・酸塩基平衡編〜


4月21日(火)東近江総合医療センター総合内科 医長の杉本俊郎先生に来院いただき、
熱く講演していただきました。


  左から岡副院長、
東近江医療センター 杉本先生、
腎臓センター長 の村先生

院外からも20名の医師、コメディカル、学生の皆さんが聴講されました。
「難しかった」「電解質から酸塩基平衡を測れることを学んだ」との感想が寄せられました。
杉本先生、ありがとうございました!

「難しかったなぁ・・・」
アンケート記入しています。
ページトップ

平成27年4月21日 内科をローテート中の1年目4名が検査課で研修しました。


病理検査室にて、術中迅速診断の説明を真剣に聞いています。

細菌検査室にて、培地に生えてきたコロニー(集落)を観察しています。
 検査課のみなさん、ご指導ありがとうございました。

ページトップ

平成27年4月14日 呼吸器外科をローテート中の2年目 川村先生

 今日はポータブル気管支鏡操作の基本テクニックを教えてもらっていました。


指定した気管支に挿入できるかな。
「気管支鏡はまっすぐに持って操作」が基本!

生検鉗子テクニック
「そこで鉗子を開いて把持する。」


検体の気管支君、ごくろうさまでした。
松島副院長、ありがとうございました。

ページトップ


 平成27年4月14日 注射研修

看護部の注射研修に参加しました。

3名1グループで、注射モデルで採血(シリンジ採血)、静脈内注射(サーフロ・翼状針)を
実習した後、実際に二人一組で採血をしました。

指導者や同期が見ている前での採血はとても緊張しましたが、上手にできてよかったです。
お忙しい中、岡副院長も様子を見に来てくださいました。ありがとうございます。

ページトップ

平成27年4月1日〜7日 新人オリエンテーション

27年度は6名の研修医が加わりました。
入職式では41名の新職員を代表して研修医の佐々木拓先生に辞令が交付されました。

  医師としての基礎を築く2年間。
がんばりましょう!



研修医も他職種の同期と一緒に1週間の新人オリエンテーションに参加しました。

集合研修では他職種の仲間と交流が深まりました。
オリンピックメダリストの武田美保さんからお祝いの言葉をいただきました。
プログラム責任者の岡副院長から研修ローテートの説明を 受けました。 研修医手帳の書き方を相談中。
電子カルテ研修  半日かけて、しっかり教えていただきました。
感染対策研修では手洗い実習。
あれー、ちゃんと洗ったのに。
1期生の植村先生が戻って来てくれました。お帰りなさい!!
12期生の6人とパチリ!
病院の桜の下でガッツポーツ!
2年間がんばるぞー!!
ページトップ

平成27年3月21日 MMC合同説明会

 

今年もたくさんの学生さんが当院ブースへ来てくれました。

 
  27年度 研修医6名 デビューです。
 

先輩研修医の説明を新研修医は、一生懸命聞いています。

 

2年間当院での研修を終えられた上田先生の説明は絶品です!

 
  取材に応じる岡副院長

参加して下さった先生方、お疲れ様でした。5年連続フルマッチめざして、がんばりましょう!

ページトップ

平成27年3月20日 研修修了証授与式

今年も研修医4名が無事に2年間の初期研修を修了することができました。
院長から激励の言葉をいただいた研修医たちは、2年間の感想をそれぞれ話しました。

「2年前に描いていた自分に近づけました。」

「医師としての基本を教えていただきました。」

「一人前の医師になって
 また回生に戻ってきたいです。」

「後期研修で神経内科医として残ります。
 これからもよろしくお願いします。」



記念品のロゴマーク入り白衣を着てにっこり。先生方、本当にお疲れ様でした。いつでも研修医室に顔を出してくださいね。

この日は、新研修医のオリエンテーションも行われました。25、26、27年度の研修医が勢揃いして、院長や指導医と記念写真パチリ。

それぞれの春を迎え新しいスタートです。頑張ってくださいね。

ページトップ

災害救助『メディカルラリー』 初出場で7位入賞!

研修医2年目の上田先生が2015年2月21日、愛知県で行われた『メディカルラリー』に鈴鹿DMATチームの一員として参加し、初出場ながら全国16チーム中7位に入賞しました。

ページトップ

平成27年2月21日  三重卒後研修医学会で発表しました。

1年次の加藤次朗先生が「自然解除された胃・胃重積の一例」について発表しました。
院内発表会とは勝手が違い緊張度MAXでしたが、すばらしい発表でした。


研修プログラム責任者の岡副院長、指導医の堀池先生、後期研修医の奥瀬先生、応援ありがとうございました!



ページトップ

平成27年2月20日  防災セミナーに参加しました。

日本DMAT隊員でもある鈴鹿中央病院の金兒 博司先生をお招きして、防災セミナーが行われました。災害医療の院内初動ポイントを「寿司・安城・抱擁・場所取り」とわかり易く教えていただきました。


ページトップ

平成27年2月10日  人工呼吸器研修を行いました。

本日はシミュレーターを用いて人工呼吸器のアラームの原因を探り、その対応を行う研修を行ないました。
中堅看護師と合同研修だったので、緊張してなかなか気管内挿管できませんでした^_^;
モット レンシュウシナクテハ・・・


ページトップ

平成26年12月21日 医師と理学療法士による三重県高校野球連盟投手検診に参加しました。

中勢地区の高校球児42名が県立看護大学に集まり、肩や肘の関節可動域測定、理学所見、下肢柔軟性テスト、医師によるエコーを用いた関節検査を受けました。
研修医の千賀Drも他の4名の医師と一緒にメディカルチェックを行ない、高校球児たちの障害の早期発見と重症化の予防に貢献しました。


ページトップ

鈴鹿シティマラソンメディカルスタッフ

12月14日(日)鈴鹿サーキットにてシティマラソンが行われました。
健康相談、医療救護班として当院からスタッフも多数参加。
気温は低いものの、天気は絶好のマラソン日和で、寒さに負けずに頑張って走るランナーのみなさんに応えようと、メディカルサポートを一生懸命おこないました。もちろん研修医にもそれぞれの持ち場で活躍して貰いました!

スタッフのみなさん寒空の下、お疲れ様でした。


ページトップ

研修医 千賀Drが宇治山田商業高校サッカー部のメディカルチェックを行いました。

スポーツドクターを目指す千賀Drが三重県代表として全国高校サッカー選手権大会に出場する宇治山田商業高校サッカー部のメディカルチェックを行いました。
日本体育協会の公認スポーツドクターであり指導医の中空Drと共に総勢30名の選手一人一人の健康状態を確認しました。
サッカー少年であった中空Dr、千賀Drから選手たちへの熱いエール、届いたことでしょう。

宇治山田商業高校サッカー部のみなさん、優勝目指してがんばってください!!


ページトップ

平成26年12月1日  研修医が表彰されました。

先月行われた院内症例発表会での努力が認められて、奨励賞に服部佳生先生、努力賞に加藤次朗先生が加藤院長より表彰されました。二人は来年2月に開催される三重卒後研修医学会で鈴鹿回生病院の代表として発表されます。頑張ってくださいね\(^о^)/ 副賞のカップラーメンにちょっと驚いていましたが、みんなで仲良く食べてください。

ページトップ

2014年11月13日  第11回 研修医症例発表会を行いました。

1年目の先生は少し緊張していましたが、2年目の先生は堂々と発表されていました。

きびしい質問にも頑張って応じて、とても活気ある発表会となりました。
皆さん、本当にお疲れ様でした(*^。^*)
ページトップ

2014年11月7日  マッチング内定者懇親会を行ないました!


内定者7名、1年目、2年目、後期研修医が集まり、院長、副院長、人事担当者と総勢23名でお祝いをしました。国家試験に合格して、早く鈴鹿回生病院の仲間になってくださいね。待ってまーす!

ページトップ

2014年10月24日  ランチョンセミナー「Resident Training in Moldova」を開催しました!

 







東欧のモルドバ共和国より、脳神経外科医 Anatolie Gumeniuc 先生が1ヶ月間滞在されていましたので、東欧の研修医の様子を紹介していただきました。研修医も英語で質問していました。研修医の苦労は世界共通ですね。頑張ってください。

ページトップ

2014年10月23日  4年連続フルマッチしました!

今年も7名フルマッチしました。
来春、初期研修医として鈴鹿回生病院に新風を吹き込んでくださいね。











 2017年

 2016年

 2015年

 2014年

ページトップ

ページの終了