MENU
鈴鹿回生病院

放射線課

お知らせ
    休診・代診情報

      概要

      部門のご紹介

      検査機器は、2管球CT(シーメンス)・マンモ装置(フジフィルム)をはじめ、1.5T-MRI(フィリップス)・3.0T-MRI(シーメンス)・64列CT(GE)・アンギオ装置(シーメンス)などを導入しております。また、高度医療機器を持つ病院として、当院の検査以外に近隣の開業医の先生方からご紹介いただいたCT・MRI・マンモ検査も行っています。

      24時間・365日緊急対応ができる体制をとっています。

      放射線課の様子

      部門長あいさつ

      部門長のあいさつ

      技師一同、専門資格や認定資格を取得してレベルアップを図っており、皆様には、安心して検査を受けていただけるよう心掛けています。

      理念

      患者さんにやさしい放射線検査

      放射線課の様子

      方針

      安心・安全・確実な放射線検査を行う

      業務紹介

      主な医療機器
      X線撮影室 4室
      ポータブルX線装置 2台
      外科用イメージ 4台
      乳房撮影装置 2台
      DEXA 1台
      X線透視装置 3台
      2管球 CT 1台
      64列 CT 1台
      3.0T-MRI 1台
      1.5T-MRI 1台
      アンギオ装置(バイプレーン) 1台
      シンチカメラ(2検出器) 1台

      資格

      文部科学省 第1種放射線取扱主任者 2名
      NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構
      胃がんX線検診基準撮影法指導員
      1名
      日本消化器がん検診学会 胃がん検診専門技師 10名
      NPO法人日本消化器がん検診精度管理評価機構
      胃がんX線検診技術部門B
      6名
      日本磁気共鳴専門技術者認定機構 
      MR専門技術者
      2名
      日本血管撮影・インターベンション専門
      診療放射線技師認定機構
      認定技師
      2名
      X線CT認定技師 日本X線CT専門技師認定機構 7名
      X線CT専門技師 日本X線CT専門技師認定機構 1名
      肺がんCT検診認定機構 
      肺がんCT検診認定技師
      1名
      日本核医学専門技師認定機構 核医学専門技師 1名
      NPO法人日本乳がん検診精度管理中央機構
      検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師
      7名
      日本放射線治療専門放射線技師認定機構
      放射線治療専門放射線技師
      1名
      放射線治療品質管理機構 
      放射線治療品質管理士
      1名
      Ai認定診療放射線技師 公益社団法人 
      日本診療放射線技師会
      3名
      日本診療放射線技師会 臨床実習指導教員 1名
      日本放射線技師会 マスター診療放射線技師 1名
      日本診療放射線技師会 シニア技師格 2名
      日本診療放射線技師会 アドバンス技師格 3名
      日本診療放射線技師会 放射線管理士 4名
      日本診療放射線技師会 放射線機器管理士 4名
      日本診療放射線技師会 
      医用画像情報精度管理士
      2名

      医師紹介

      濵田 愛弓

      濵田 愛弓
      • 主な専攻分野

        放射線診断学

      • 所属学会・資格等

        日本医学放射線学会放射線診断専門医、IVR専門医、検診マンモグラフィ読影認定医

      • ひとこと

        患者様、担当医に有益な情報を提供できるよう、放射線診療技師と協力して、適切な撮影と丁寧な読影を心がけています。

      外来担当医表

      鈴鹿回生病院

                 

      附属クリニック

      • 診療時間のご案内

        平日午前診/9:00〜12:00
        午後診/14:00〜17:00

        休診日土・日・祝日

        ※泌尿器科、救急患者の受入れ、紹介状を持参される場合に一部の診療科は
        鈴鹿回生病院で診察を行っています。

      • 面会時間のご案内

        新型コロナウイルス感染症に対する
        感染防止対策として、当面の間、
        面会を禁止しています。