<<臨床検査課トップへ
【臨床検査課より】
ABO式血液型

ご自分の血液型をご存知ですか? A型、B型、O型、AB型?真っ先に思いつくのはこの4種類のどれかだと思いますが、実は人間の血液型には、分類の方法によって300種類以上も血液型があるのです。今回は一番有名なABO式血液型についてご説明します。
 
ABO式血液型とは?

ABO式血液型には基本的にA型、B型、O型、AB型の4種類があります。
A型の赤血球上にはA抗原があり、B型にはB抗原、AB型にはA抗原とB抗原の両方を持っています。O型の赤血球にはA、B抗原はありません。
さらに、自分の赤血球とは反応しない抗体も持っています。 
A型の人は抗B抗体(B型と反応するもの)、B型の人は抗A抗体(A型と反応するもの)、O型の人は抗A抗体と、抗B抗体の両方を持っています。AB型の人は抗A、B抗体のどちらとも持ちません。
これらの抗原と抗体の反応により、異なる血液型の人同士の血液を混ぜると固まってしまったり、赤血球が壊されてしまいます。したがって、輸血をする時には同じ血液型の血液を選びます。
 
 
血液型の割合

日本人におけるABO式血液型の割合
A型 ・・・40%
O型 ・・・30%
B型 ・・・20%
AB型 ・・・10%
血液型の割合は、地域や民族によって異なります。おおまかには アフリカはO型、ヨーロッパはA型、アジアはB型が多いと言われています。
 
 
他の血液型

一般的に血液型というとABO式血液型をいいますが、白血球などにもHLAという血液型が存在します。他の赤血球上の血液型には、Rh、Kell、Duffy、Kidd、Lewis、P、MNS、Lutheran、Xg、Diegoなどがあります。輸血をするにあたって最も重要な血液型はABO式血液型とRh式血液型(Rh+、−)です。
 
 
血液型の遺伝

ABO式血液型は、エンドウ豆やアサガオの遺伝で有名なメンデルの法則にしたがって遺伝します。ただし、まれに例外もありますので下表のようにならない場合もあります。
 
<両親と子供の血液型の関係>
    子供
O × O O
A × O AO
A × A AO
B × O BO
B × B BO
O × AB AB
A × AB ABAB
B × AB ABAB
AB × AB ABAB
A × B ABOAB
 
自分が思い込んでいる血液型は、本当の血液型とは異なっている場合があります。 念の為に、血液型を検査して確認することも大切です。
 
 
鈴鹿回生病院 臨床検査課

<<臨床検査課トップへ
 

鈴鹿回生病院 検査課 発行
文責 蔵城寛子